浦上雅彦のひとり言

市会議員浦上雅彦の活動日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うつけな16歳

2012326_1


私学の特別進学コースに合格して、親から貰った入学金を支払わず、隠し持ったまま朝日高校に入学した。

その歳の冬休みに、友達の家に泊まりにいくと言って、その大金で上京した。東京を見たくてウズウズしてた。


写真の場所は代々木公園


隣の女性はロックンロール族、当時の原宿は竹の子族と人気を二分していた。


浦上雅彦……斬新な16歳

ほろ苦い写真


その翌年17歳の時、朝日の食堂にラーメンを導入するとゆー公約を掲げ、生徒会長選挙に立候補した。


その翌年18歳の時、担任から「朝日で、生徒会長で柔道部主将で、お前は県内でいちばん内申書がええ男なんで!わかっとんか!あとは成績だけじゃ~」

と、言われたにもかかわらず、勉学に情熱を注ぐ事はなく、柔道部の練習が終わると、空手道場にも通いながら、バンド活動に熱を上げた。


卒業が近くなれば、各高校の番長から呼び出され、すべてを受けて立った。番長は不良なのでバイク、早い奴は車に乗っていた。自分は進学校ゆえ、決闘場所にはいつも自転車で駆けつけた。


当然浪人生となった。


…………バカ過ぎる。


何も怖くなかった。


今となっては、守るものが出来て、賢くなった。。。

小さくまとまり、ズルくなった。


しかし、未来に向かって駆け出すあのエネルギー、激しい推進力、あの感覚……


忘れてねえ。



何かを変える時



何かが変わる時



大バカ野郎にしか出来ない仕事がある。











スポンサーサイト

コメント

★ 素晴らしき想い出!

想い返すと青臭く馬鹿ばっかりをやっていた時代ですが、その時代を後ろを振り返らず一生懸命駆け抜けたエネルギーが今を支えているような気がします。それにしても男前っすねー(⌒▽⌒;) オッドロキー

★ すばらしい青春

そういえば、わたしにも美しい?青春時代がありましたね。
でも、残念なことに引っ越し人生だったので、当時の写真がほとんどないんですよね。

★ それからの

続き、東京での学生生活もききたいです。。。

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

プロフィール

浦上雅彦

Author:浦上雅彦

最近の記事
最近のコメント
twitter
月別アーカイブ

最近のトラックバック
FC2カウンター

カテゴリー
フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
right before the "BODY" end tag (
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
)