浦上雅彦のひとり言

市会議員浦上雅彦の活動日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浦上年頭所見

 
選挙において、有権者からいただいた一票、一票の合計が、その議員の四年間の評価である。
 
 
どれぐらい市民の役にたつ仕事をしたのか、それがハッキリと数字に表れる。言わば、得票数は議員の通知表と言える。
 
 
議員を続けていく上で、4年に一度、市民に審判を仰ぐわけだが、当選を願う事はもちろん、前回の得票数よりも、成績が上がっているかどうかが、重要なポイントだと言える。
 
 
選挙の度に成績を上げて当選する事は、非常に困難な事であるが、市民の代表である以上、高い理想を胸に秘めて臨みたい。
 
 
昨年は、岡山市議会最大派閥の長として、大胆に議会を揺さぶり、議会改革にある一定の成果を出す事が出来た。
 
 
政令市に昇格して四年目を迎えるが、国との連携の重要性を、ヒシヒシと感じた三年間だった。本年は年頭に自由民主党岡山市議団を立ち上げる予定である。
 
 
選挙公約マニュフェストが、何ひとつ守られていない民主党政権、さらには議員定数を削減する事もなく、消費税を10%に引き上げようとしている野田総理、政治の混迷はここに極まった感がある。
 
 
市内の大きな動きと言えば、岡山駅前のイオン出店である。林原の土地は、岡山市が購入すべき土地であったが、こうなった以上は、イオンの独り勝ちを防ぎ、市として既成の個人商店や商店街を守る責任がある。あくまで、一体感を持って共に栄える事を強く望むものである。
 
 
そして、コンベンションであるが、イオンは土地を売らないはずである。お願いするだけでは、先方(イオン)がハードルを上げてくるだけであり、ニの手、三の手を持って交渉せねばならない。
 
 
駅前から、岡山城を中心とした文化ゾーンに、人が回遊するように工夫する必要がある。文化ゾーンへの人の流れは、表町へも流入する可能性は高いと考える。
 
路面電車は、駅前まで乗り入れするべきである。政令市となった岡山のシンボリックな存在となるはずである。
 
 
私は、市民のアイデンティティを象徴するタワー(電波塔)論者でもある。一見、無駄と思える事もハンパでなければ無駄にはならない。タワー建設は政令市ではベタではあるが、夢があり有効打と考える。
 
 
北長瀬の広大な土地に建設される岡山ERに期待が高まるところである。あの土地は、さらに巨大なイベントが開催出来るように、中途半端なドームを上手く活用する必要がある。管理コストのかからない、展示場的な構築物……何か知恵を絞るに値する土地である。
 
東部の新名所は、ファジアーノの練習場である。六番川公園と一体化したファジアーノタウン構想まで夢を広げるべきである。そのためには一刻も早く橋を架け、道路を整備する必要がある。
 
 
私がかねてから提案している、区ごとに特色ある政策が打ち出せるように、区長に権限とそれに伴う財源を持たせる必要がある。それをしなければ市民は、政令市になって変わったな、と実感する事はない。
 
 
県も岡山市も、シティープロモーションと称し、海外へ売り込みをかけているが、日本国内において、戦略的に岡山の名を売る、攻めの姿勢が弱いと感じる。最近では、うどん県などと謳い「香川」の名は全国に轟き、岡山の出遅れ感は否めない。
 
 
簡潔に「中区想造」についても所見を述べておきたい。
 
☆富山には「地域センター」桑野のふれあいセンターには「市民サービスコーナー」を設置した。
 
今年、新たに高島公民館に「市民サービスコーナー」を設置する予定である。
 
 
☆中区役所の建設候補地については、市はメディアコムを買おうとしている。私は、価格次第だと思う。
私は、土地的にも人口的にも、藤原の陸運局がベストだと考えている。あの辺りが中区の中心である。
 
ただし、民主党政権に変わり、引っ越しの予算が三年連続0円であるので、なんとも見通しが立たないのが現状であり、残念である。
 
☆中区内の外環状線を動かすよう努力してきた。
40年間止まっていたものが、やっと来年動き始める。歴史的な事だと自分でも感激している。
 
 
☆平井神崎線も海吉、山崎の買収がかなり終わったところである。この道路も幻と呼ばれていた道路である。
 
☆毎年約2億円を倉安川の改修工事に投入してきた。倉安川の改修工事が進み、水害から強くなったのは事実である。
 
 
☆しかし想定外の雨量が降れば、倉安川がいくら強くなっても、3台のポンプをフルで稼働させても、やはり、浸かるものは浸かるのである。この間の議会で下水道局の抜本的な雨水対策が必要であると強い態度で迫った。引き続きこの方向で取り組みたい。
 
 
☆今年、海吉のポンプ場にもう一機ポンプを設置してくれる事になった。
倉安川の水を百間川に放水する能力が倍増する。
 
 
☆操山にトンネルを掘り、南北の車の流れをよくする必要があるが、まだまだ現実ベースに乗っていない。しかし、夢はあきらめない。いつか現実となる自信はある。
 
 
☆「優しくて強い絆」……これは、もう何年も前に掲げた私のスローガンである。当初はピンと来ない、意味がわからない、と不評であったが、最近やっと世間が私の感性に追いついてきた。看板の前で写真を撮っている方を見たが、本当に嬉しく思う。
 
☆以上、思いつくまま所見を述べたが、愛する岡山と、愛する岡山に住む人のために生きたいと思う。
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

プロフィール

浦上雅彦

Author:浦上雅彦

最近の記事
最近のコメント
twitter
月別アーカイブ

最近のトラックバック
FC2カウンター

カテゴリー
フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
right before the "BODY" end tag (
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
)