浦上雅彦のひとり言

市会議員浦上雅彦の活動日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刀を抜く時は……

目の前で起きる不本意な事態に……ついついキレてしまう。その危険は、運転中に発生するだけじゃない!

タクシーや代行の運転手の態度にキレる。


レストランや、店の店員の要領の悪さにキレる。


市役所の役人の「一言」にキレる、などなど、さまざまあるだろう。


れっきとした理由があるのは当然だ。あなたもキレたくてキレたわけじゃない。それは、よくわかる。


しかし


やはり、キレてはいけない!あなたは修行不足、意識が低い。


どの場合も予期せぬ余計な出来事であり、あなたが成し遂げたい大事と比べたら、ミジンコ以下の小さな出来事……まさに「大事の前の小事」


いかなる理由があろうとも、それぐらいの小さな事として、自分の中で処理しなければならない。


体勢に影響ない小さなトラブル、あなたの夢に、あなたの人生に、かけらもマイナスに影響させてはならない………造作もない事。


それが出来ない人は、運が悪ければ、夢も命も捨てる事になる場合がある。


そんなつまらない事で、刀を抜いてなんになる。


あなたが腰抜けなんかじゃない事はよくわかっている。


相手が勘違いしてるから、わからしてやった!と、キレて説教した事を自慢げに言う方もおられるだろう。


さてはて、本当にあなたは、その人を改心させれたか??さっき遭遇したばかりの態度の悪い奴に、愛情を持ってキチンと正道を伝えたかどうかは疑問だ。


たぶん、あなたは、自分をナメてたら、こうゆう目にあうんだと。。。


自分の怖さを伝えている。

相手にも、あなたの怖さしか伝わっていないはず。。

人の道を説くなら余裕がないとムリだ。笑顔でキチンと教える。キレていたらムリ。


私がキレる時……


私がキレる時は、運転中だったり、上記の時なんかでは絶対ない。



自分の家族を傷つけられたり、大切な仲間を完全に否定された時は、刀を抜く。


いったん刀を抜けば、絶対退かないので、最悪は命のやりとりになる。成し遂げたい夢も諦めてから刀を抜く。



だから



しょーもない事でキレてはいけない!


しょーもない事でキレて、人生を棒にふった人は山ほどいる。


だいたいイライラしてる姿は、格好悪い!粋(いき)でない。ましてや、しょーもない事でキレてる姿は、愛する人や、大切な仲間に見せられないだろ、恥ずかしくて。。。



許す力が大きいのは、けっこう粋(いき)な事だよ!



さあ、今週も元気出して行こう!!!




あなたとの優しくて強い「絆」を信じて。。。






追伸


これは、こうやって自分に言い聞かせているものです。





スポンサーサイト

コメント

本当に素晴らしいです!

自分で薄々わかっているのに 都合良い時は 無理矢理な正当化して 切れてます(汗
その後で反省。
反省も薄々だから繰り返してます…

常に冷静な部分も持ち合わせる事ができる人間に!
修行しなければ…

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

プロフィール

浦上雅彦

Author:浦上雅彦

最近の記事
最近のコメント
twitter
月別アーカイブ

最近のトラックバック
FC2カウンター

カテゴリー
フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
right before the "BODY" end tag (
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
)