浦上雅彦のひとり言

市会議員浦上雅彦の活動日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反日、民主党

民主党でも素晴らしい議員は確かにいるだろう。


そんな方は、これからも議員として国益を追求していってほしい。


しかし、このような議員には今度の選挙で確実に消えていただく。出馬の際、インターネットで選挙区を探して来た者。


おまえらはいったいなんなんだ。何処の県の国会議員になろうが、国会議員になれさえすれば何処でもかまわない者………有り得ない。


例えば、東京で育った者が、名古屋で青春を過ごした者が、岡山を心底愛しているか?岡山の人の事を、心底想っているか?


当然想っているふりをしている。


実に巧妙だ。


しかし故郷を想う強烈な感情、本物の故郷愛は、そんなものではない。その地に育った者でなければ、決して湧いて出るものではない。


子供の頃、近所の子と一緒に操山を探検したり、倉安川で魚釣りをして遊んだ……青春時代になると、共に恋したり、仲間と一緒に夜更かしをした。同じ故郷に生きる者と共に青春を駆け抜けたのだ………この岡山でだ!


そんな郷愁の舞台が故郷であり、その大地だから愛せる。その大地だからこそ命を賭けれる。

故郷の事だから、絶対に引かないし、絶対にブレない。


なぜなら、その大地には、子供の頃からの同級生や、その家族、一緒に大きくなった仲間との人間関係や絆が、たくさん残っているからだ。


だから愛せる。だから守りたい。だから力が出るのだ。


例えば、岡山で生まれて岡山で育った私を、自民党が公認し、例えば埼玉県の○区で出馬すれば、必ず勝てるからと、強烈な出馬依頼があったとしても、私は確実に断る!1000%断る。


なぜなら


議員になるために議員になるのではなく、故郷を守るために議員になるのだから……岡山を外れるのなら意味がなくなるのだ。その感性が普通だろう。


縁もゆかりもない、その大地を心底は愛せない。その大地に住む方々を心底は愛せない。もし、愛せると言うなら、自分が生きていく為の「一票」として愛せるのかもしれない。


だからこそ、彼らは「一票」を取る為のプロに撤するのだろう。


彼らの生き残る道はそれしかないのだから。


有権者も、もうそろそろ、目を覚まさなければならない。


実績があれば別だが、故郷愛がないから、そうゆう議員に限り、実績などまったくない。一票を獲得する事だけに専念しているため、地域をよく回っているが、地域での実績は皆無なのだ。




「大変なお知らせ」



先日の国会で、北朝鮮の拉致容疑者本人や、その家族が役員を務める市民団体に、菅総理をはじめとする民主党幹部が多額の献金(約2億6千万円)をしている事があきらかになりました。

我が国は、我が国の政権そのものが反日だったと言う、とんでもなく恐ろしく悲しい事態に陥っています。


しかも、この事をマスコミがあまり取り上げないと言う……それもとんでもなく恐ろしい話しであります。





〓〓〓
スポンサーサイト

コメント

お前の言うとおりだ!
票取りやが政治するから無責任な放り捨てばかりやるんだよ。

民主党が反日なんて とっくにわかっていた事でしょう

拉致実行犯シンガンスの釈放嘆願書に署名した人間が今の総理であります

江田五月もね
とにかく日本が嫌いで嫌いでどうしようもない連中が集まったのが左翼民主党です
そこいらのリベラル な人なんか裸足で逃げ出すほどのウルトラ左翼集団民主党が日本を良くすると思う方が間違いなのです

はっきりいって
テレビに騙されて民主党に投票した人には猛省していただきたい

無知は罪です

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

プロフィール

浦上雅彦

Author:浦上雅彦

最近の記事
最近のコメント
twitter
月別アーカイブ

最近のトラックバック
FC2カウンター

カテゴリー
フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
right before the "BODY" end tag (
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
)