浦上雅彦のひとり言

市会議員浦上雅彦の活動日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風雲本日の流れ

まず政隆会が乙議案を出します。乙議案とは議会サイドから出す議案です。


普段、我々は当局サイド(市側)から出てくる甲議案を審議しています。


この乙議案を受けて、議長は本会議での採決を避け、委員会に付託します。


付託される委員会は議会運営委員会です。略して議運と言います。


議運で政隆会から出された、議員定数を52から43に減らす議案を審議します。

みなさん反対されてますから、否決されればまだわかりやすいのですが、おそらくそうはなりません。


可決でもない、否決でもない、○でも×でもない………いわゆる△の意味の継続審査と言う判断があります。これを略して継審と言います。おそらくここが彼らの落としどころです。


本会議場に戻り、議会運営委員長から、政隆会から出された乙議案は継続審査となった事の報告があります。


当然、我々政隆会は、継続審査などでは納得がいきません!ここでは、継続審査に対し、反対討論をする事になるでしょう。


そして継続審査でよいのか、どうかを計る時、誰が継続審査に賛成をしているのかを絶対に注視してほしいのです。


我々もそれがはっきりわかるように他と分離して採決するように求めます。



もう一度言います。

わかりにくいですが、継続審査に賛成する議員が、議員定数削減に反対した議員です。


継続審査なのだから反対してないじゃないか!と反論してもムリです。。。
なら賛成しろ!です。



継続審査に賛成した議員の公約をあとで見て下さい!

すべての議員が自ら選挙前に公約として掲げた議員定数が、山陽新聞に掲載されましたが、本日は資料としてその記事を用意しています。

もちろん、前議長に改選したらすぐに議員定数を減らす改革をやってくれ!と要望書を提出した、あの記事も資料として用意しています。


どの口が言うのか。。。



何度も言います。



継続審査に賛成した議員は、一見、前向きに思えるかもしれませんが違います。

議員定数削減に前向きな議員は、政隆会案に賛成する議員です。


継続審査に賛成する議員は、政隆会案(議員9人削減)に反対している議員です。

選挙に勝って3ヶ月も経ってないのに、選挙前に言った事と、今日する事が違う議員は誰なのか!


大注目してほしいのです。

そして今日見た事を、語って下さい。


お願いします。




岡山市議会

政隆会 会長 浦上雅彦






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

プロフィール

浦上雅彦

Author:浦上雅彦

最近の記事
最近のコメント
twitter
月別アーカイブ

最近のトラックバック
FC2カウンター

カテゴリー
フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
right before the "BODY" end tag (
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
)