浦上雅彦のひとり言

市会議員浦上雅彦の活動日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憤怒の形相

今日ばっかりは、悪い顔をする!今日ばっかりは、久しぶりに怒った!
 
 
毎日さまざまな市民相談を受けるが、中には「どうすれば、うまくいくか?運を上げるには、どうしたらいい?」とゆう質問が時々ある!
 
 
私はいつも、「鏡で自分の顔(表情)を見たらどうか」と勧めている。
 
 
人が寄って来ないと始まらない!人がすべて! 人が運を運んでくるのだから。
 
良い人が来るか、悪い人が来るかは、自分と等しい人が寄ってくるので、自分の周りを見渡せば………自分の「徳」が、だいたいわかるよ~と……
 
 
「何事にもおもしろがる余裕と、何事にも感謝出来る体質を普段から………うんぬんかんぬん。」
 
このブログでも浦上的幸福論を、さんざん展開してきた。
 
 
 
 
しかし、今日は怒る!
 
 
 
 
どんなに悪い顔をしてるのか!………風呂上がりの自分の顔を、戒めのために撮った。
 
おお、悪い顔をしている。憤怒の形相だ。
 
激怒の原因は、今聞いたニュース…………靖国に総理はおろか、内閣の誰ひとりも参拝しなかっただと。
 
我が国の政権は、反日か!
自分の国の民より、中国や韓国との外交をとるのか!
 
許さん!俺はたかが市議会議員だが、絶対に許さん!
 
「靖国で逢おう」を合い言葉に、万感の想いで散っていった多くの戦没者に………日本国の為に命を投げ出した戦没者に………なんと説明するか!
 
 
自分の死後は、靖国神社で英霊として祀られる事を糧に、死の恐怖から自分を奮い立たせ、愛する日本の為に死んでいったのではないか!………その事が良いか、悪いかは、今日は別問題だ。
 
その時の政府が、約束した事なのだから。
 
 
何十万人とゆう戦没者の犠牲の上に、今の平和があると、このあいだ書いたばかりではないか!
 
我が国の内閣、閣僚全員が参拝を拒否したとゆう事は、自国の歴史を否定した事と同じだぞ。
 
私は、右翼でも左翼でもない。
 
ど真ん中だ!ど真ん中の日本を愛する者だ。
 
 
国会議員が愛国者でなくて、国会議員が務まるものか!
 
 
 
私の叔父はビルマの戦闘で亡くなった。勇敢な叔父は、最前線で戦うパラシュート部隊に自ら志願、二度も死地から帰還し、家族を喜ばせたが、三度目の出兵で、婚約者を残し帰らぬ人となった。
 
 
 
いけん、絶対にいけん。
 
 
 
「今年は終戦記念日に、政府のだれも参拝に来ないぞ……こんな腐った国にする為に、命を散らしたんじゃねー」 
 
英霊の嘆き声が聞こえてきそうだ。
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

プロフィール

浦上雅彦

Author:浦上雅彦

最近の記事
最近のコメント
twitter
月別アーカイブ

最近のトラックバック
FC2カウンター

カテゴリー
フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
right before the "BODY" end tag (
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
)