浦上雅彦のひとり言

市会議員浦上雅彦の活動日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英霊に敬礼!

65年前の夏、我が国に悪魔の爆弾が落とされた。悪魔の爆弾は、広島と長崎の人達を一瞬にして消し去り、美しい町並みを瓦礫に変えた。


地球上で幾度となく繰り返されてきた紛争、戦争の歴史の中で、原子力爆弾が実際に使われたのは二回だけ………その二回ともが、我が国に投下された。

悪魔の攻撃を二度もしてきたのは、他ならぬアメリカだ。

アメリカ合衆国だ!

なのにどうだ?!我が国は………やられた相手に、ヘラヘラと媚びへつらい、今だに守ってもらっている。
結果的に、そのアメリカに、いちばんお世話になっているではないか!

日本政府のアメリカに対する憧れにも似た感覚は、そうゆうところからくるのか………地方政治の中にしかいない私には、知る事のない事情が様々あるのだろう………

しかし、ハッキリと私にもわかる事は、65年前の夏、アメリカが悪魔の兵器を使い、何十万人とゆう同胞を殺戮した事……今までに約29万人の方々が死没している事………

そして、国家の為、愛する人の為に、命を懸けて戦い、散っていった日本兵が何十万人といる事………

戦争なので日本も酷い事をしただろう…………しかし、善悪の判断は別にして、これらの事は、紛れもない事実だ。


だから………せめて、今日だけは………


今日だけは、アメリカと対等でいなければならない。もちろん気持ちの中だけでいい………今日だけは、戦争に携わった多くの人々の無念な想いを感じ取り、今は骨抜きにされているが、消えてしまってはない古来から続く日本人の息吹を、感じとらなければならない……そうゆう日だ。

そうでないと、愛する国を、愛する人を、守ろうと命を懸けて戦い、亡くなられた多くの先輩達に失礼だろう。。。


アメリカ政府は、原爆投下により戦争終結を早める事が出来たのだと………戦争を長引かすよりも、むしろ日本人の被害を最小限にとどめれたのだと、原爆投下を正当化しており、広島、長崎の方々に対しても、謝罪する意志は一切ないのだ。。


被爆者達は、口を揃えて「謝ってもらいたいわけではない」と言われる。


そう………「謝ってもらいたい」わけではないのだ。謝ってもらって、整理がつく問題ではないのだから。

ただただ、今の豊かな暮らしは、英霊達の犠牲の上になりたっているとゆう事を、改めて再認識し、深く感謝する1日にしなければならない。


何十万人と眠る英霊が、今の日本を草葉の陰から見た時、どう思われるか?それぐらいの事は今日は考えなければならない。


特に平和ボケしている今の若い人に伝える必要がある。





愛する愛する岡山市民の皆さま~今週も始まりました。。。。。あなたの世界が優しさで溢れますように


何かあれば連絡下さい!
すぐに参ります。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

プロフィール

浦上雅彦

Author:浦上雅彦

最近の記事
最近のコメント
twitter
月別アーカイブ

最近のトラックバック
FC2カウンター

カテゴリー
フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
right before the "BODY" end tag (
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
)