浦上雅彦のひとり言

市会議員浦上雅彦の活動日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謝罪

ごめんなさい。

本当にごめんなさい。

市民の皆様に対し、謝らないといけません。

情けないし、悔しい。

思い通りに政治が動かず、悔しい思いをした事は、今まで何度もあったけど、これほど悔しい思いをした事はない。


情けないし、悔しい。


県議会が定数を現状維持で決めた時、私はこう思った…………「なんて空気が読めないんだ!どう考えても今こそ、議員の定数を減らすタイミングだろう………まあいいさ、市議会はキッチリ定数を減らして、県議会との見識の差を市民に見てもらうさ!」


と、心底思ったのに………


結局、県議会と同じ事になった。



この件に関し、色々報告したい事があるが、言えばパフォーマンスと思われるらしい…………アホくさすぎて悲しい。。。


岡山市が、一丸となって行革しているのに、議員定数を減らす事だけは否定された。そんな不自然な事ってないだろう。。。


私は、議会の在り方検討会議の座長として、議員定数削減は、議会改革の本丸、一丁目一番地として捉えていた。


しかし、ろくに議論もされないまま、代表者会議で決着されてしまった。


議会改革の座長として、無力を感じているし、今は無気力になっている。
議員の定数や報酬が、改革出来ない最大の原因は、議員が自分達の事を、自分達で決めてる、この構図がいちばん悪い!!


議員の身分に関しては、市民や有識者を入れた第三者機関の決定に従うべきだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

プロフィール

浦上雅彦

Author:浦上雅彦

最近の記事
最近のコメント
twitter
月別アーカイブ

最近のトラックバック
FC2カウンター

カテゴリー
フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
right before the "BODY" end tag (
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
)