浦上雅彦のひとり言

市会議員浦上雅彦の活動日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八朔(はっさく)の雛祭り

時は、永禄九年(1566)1月11日、室山城にて悲劇がおきる。

戦国大名浦上政宗は、浦上家の惣領家を継ぎながらも、弟宗景の台頭に悩まされていた。。。


そんな折り、息子清宗に有力武将の娘が嫁いでくる事になり、挽回の好機と政宗は大層喜び、城内で盛大な婚礼を執り行います。

播州姫路城から嫁いで来たお姫様は、姫路城主黒田官兵衛(如水)の妹で、しおり姫と言いました。


その婚礼の最中に、龍野城主赤松政秀の急襲に遭うのです。


不意をつかれた城兵は、右往左往し、つぎつぎに切り殺され、政宗親子に襲いかかります。しおり姫も果敢に長刀をもって応戦しましたが、政宗、清宗、そして詩織姫も惨殺されてしまいます。


室津城下の人々は、非業の死をとげたお姫様を悼み、3月に祝う雛祭りを、半年後の9月にしました。


その風習が今も室津に残っており、室津では雛祭りは真夏に行います。八朔の雛祭りと言います。婚礼の日に命を落としたお姫様のことが、室津の人々の心に強く残り、八朔の雛祭りとして現代に受け継がれているのです。


室津はノスタルジックで、良いところ……本当にタイムスリップしてしまいそうなところです。


岡山から車で一時間ちょっと……


今年も室津に必ず行くよ……お姫さまを想う室津の人々の気持ちを感じるために。。。



帰る時は、私の室津のいきつけのお店「福」で飯食って帰るのだ。。。。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

プロフィール

浦上雅彦

Author:浦上雅彦

最近の記事
最近のコメント
twitter
月別アーカイブ

最近のトラックバック
FC2カウンター

カテゴリー
フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
right before the "BODY" end tag (
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
)