浦上雅彦のひとり言

市会議員浦上雅彦の活動日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なにげない朝

今朝は、なんとなく、京橋朝市に出かけた。

すごい人が出てる!!

土手の上を歩いて行くと、いきなり長い行列が出来てるラーメン屋があった。

各店舗からは、湯気が舞い上がり、みんな自分の店の商品を売り込もうと、掛け声をかけてくる。

活気がある!

少し、安心する。

朝早いし、寒いけど、朝市はいいもんだ。

風情がある。

下へ降り、ひととおり廻って、また土手の上へ上がったところで、奇妙な音楽が聴こえてきた。

伴奏はハーモニカのような懐かしい音色で、調子はずれの歌がついてる。いっけんふざけた感じもするが、聴いてるうちにだんだん和んでくる不思議なメロディーだ!


私はその曲を流している店舗と、ある程度の距離を保ちながら、五分ぐらいその曲を聞いていた。


そして私は………ついに陥落する!!


「お兄さん、この曲、いい感じだね、自分で作ったん??」

「はい、作詞、作曲、歌も自分で歌ってます!」


「そうかぁ~!頑張ってるねぇ~お兄さんの焼いた、たこ焼きひとつ下さい!」
「ありがとうございます!」


かなり遠くに停めてある車まで、さっきの曲を鼻歌にして歩いた。

かたっぽの手は、ポケットに突っ込み、もうかたっぽの手でたこ焼きを持って……


車に戻ってから、はふはふしながら、たこ焼きを食べた。

冷え切った体に、たこ焼きが、優しい。。。


ささやかだが、幸せな朝だ!!


私の今日が、始まろうとしている。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

プロフィール

浦上雅彦

Author:浦上雅彦

最近の記事
最近のコメント
twitter
月別アーカイブ

最近のトラックバック
FC2カウンター

カテゴリー
フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
right before the "BODY" end tag (
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
)