浦上雅彦のひとり言

市会議員浦上雅彦の活動日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政隆会幹事長として

選挙の余韻に浸る間もなく、投票日の翌々日から始まった9月定例岡山市議会!

なんだか、せわしいなぁー

しかし、これをやらないと予算の執行が出来ないから、たくさんの市民に多大な迷惑をかけるからね………

やるしかない!
やるならきっちりやる!

えーっと…………いきなりの議会で、いきなりヘビーな議員報酬削減の議案が出されました。。。


月額で4万円減らすとゆう議案です。


そんなもん誰だってねぇ

給料は減らない方が嬉しいに決まってるわ。。。

しかし、議案として出た以上は…………あれだけ高谷、高谷、高谷しげお
高谷しげおの行政改革を引き続き断行させて下さい!と訴えた政隆会が、自分達議員の報酬を減額する議案には、反対!ってわけにはいかないよ………
我々議員の立場からすれば、もちろん色々な想いはある…………が、いずれにしても、議案に反対する事は、無理だ。。。市民合意が得られない。。。

無駄を省いて、岡山市の借金を680億円も減らした高谷市長。

その市長を支えて、その行革を選挙で訴え、勝たしてもらったばかりだよ。

想いは色々ある。
もちろん私も。。
しかし、ここは
武士は喰わねど………だ。



参考までに我々議員の報酬は月額71万円。

そこから色々引かれて手取りで48万円ぐらい。

そこから、国民健康保険と年金を払えば、ちょうど月に40万円が手元に残るのだ。この月40万円とゆう金額は、当選したばかりの新人議員も、当選五回のベテラン議員も同じである。

当選を重ねても、増える事はない。。


能力給でないので、議員としてよく働いても、報酬が上がる事はない。もちろん、働きが悪くても下がる事もない。
ただ、働きが悪かったら人気が下がり、選挙で落選するだけだ。。。


とにかく、議員とゆう職業で生きていくなら、月40万でなんとかやりくりしていかないといけない、とゆう事だ。

それが月36万でなんとかやりくりしろ!とゆう議案だった。


この春、岡山市は政令市に昇格し、県の権限も市へ移譲され、議員の仕事も格段に増えた。なのに、なぜ、お隣の倉敷市の議員と同額になるのか??納得がいかない!とゆう意見が大勢を占めた。。。


よって議案は反対多数で否決された。賛成したのは、政隆会と共産党だけだった。

高谷市長は、粘り強く次の議会でも、この議案を出す可能性を示した。


我が会派、政隆会は、何度出されても賛成する!

ただそれだけだ。。。
スポンサーサイト

コメント

★ 男道を貫いてください。

本件、新聞記事で拝見しました。

倉敷とは格が違う云々については、ネット上でも相当、意見が飛び交っています。皆、見ているのです。(紙上ではありませんが、ネットでは実名が出ているものもあるようです。)
でも周囲がどうあれ、先生の信じる男道を貫いてください。それしかないですよね。

★ 操明学男さん

お久しぶりです!
お元気にされてましたか??いつもありがとうございます。
高谷市長を応援してくださったみたいで、感謝しています。
これからもどうぞ宜しくお願いします。
浦上の仲間でいて下さいね。

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

プロフィール

浦上雅彦

Author:浦上雅彦

最近の記事
最近のコメント
twitter
月別アーカイブ

最近のトラックバック
FC2カウンター

カテゴリー
フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
right before the "BODY" end tag (
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
)