浦上雅彦のひとり言

市会議員浦上雅彦の活動日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強者どもが夢のあと

20090918012800
その部屋は、二階の隅っこにあった。

煙草の匂いが染み込んだ、小さな部屋。。。

誰が名付けたその部屋の扉には、鈴木グループと書かれた紙が貼られてあった。
この部屋こそが、たかや市長の選挙を陰で支えた原動力、私の仲間がいた部屋だ。

真夏の炎天下では、何十万軒もポスティングして廻ってくれた。選挙が始まれば、何千とゆう椅子を並べ、ポスターを貼り、演説会の総てを支えた。選挙中、脚光をあびる事もなく、いつも縁の下の存在、その上キツい事ばかりを率先してやってくれた。。。

私は、申し訳ない気持ちと、鼻が高い!気持ちが入り混じっていた。。。


絶対に勝たなければならない選挙と判断し、その中心に私がいる事をこのブログで知り、仲間が助けに来てくれたのだ!

仕事もほっぽりだして、完全ボランティア、しかもご夫婦で。。。。2ヶ月間もだ。。。。

選挙が終わり、翌日、夕方そっと事務所に行ってみたら、当たり前のように後片付けをしてくれていた。




私は、してあげた事は、すぐに忘れる!してもらった事はずっと忘れない!をモットーに議員をしてきた。



だから、もう選挙の事は何とも思っていない。。。勝てて良かった、ただそれだけ。。。

だけど、最後にひとつだけ言わせてくれ!!



私の仲間、私の選対



半端ぢゃねぇぞ!!!



イェーイ!日本一だ、ばんざーい!ばんざーい!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

プロフィール

浦上雅彦

Author:浦上雅彦

最近の記事
最近のコメント
twitter
月別アーカイブ

最近のトラックバック
FC2カウンター

カテゴリー
フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
right before the "BODY" end tag (
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
)