浦上雅彦のひとり言

市会議員浦上雅彦の活動日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和歌彦詠う

激戦を

征した翌朝

職場にて

誇りのみもち

なにごともなく







浦上和歌彦









13年前、今の石井県知事の初陣は、岡山県を二分する大変な選挙でした。私はそこで彼と出会い、共に戦いました。。。この短歌は、季語もなく我流ですが、3ヶ月間、共に戦った戦友の気持ちを詠っています。



大きな会社から派遣されてきた彼は、3ヶ月もの間、今までとは別世界の選挙事務所で戦い、激戦を勝利しました。しかし、選挙が終わった翌朝、久しぶりに会社に出勤したものの、自分がいた元の世界では、何事もなかったようなゆったりした時間が流れていて………違和感さえ感じます。
昨日までの事は何だったのか?夢か?いや夢ではない!誰が褒めてくれるわけではないが、自分は県知事を勝利に導いたひとりである、とそっと胸を張りました。


選挙事務所に派遣されてきた運動員の儚さ、また選挙が終わり、元の世界へ戻る時の戸惑いを詠っています………
選挙なんてそんなもんさ、やるだけやって、何にもなしよ。それが選挙さ!大人の世界。。。だからせめて、せめて自分の胸の中、そっとしまっておくよ……



報酬は……誇り



私は選挙の運動員を何度もしています。
だからこそ
候補者の立場に立っても、運動員を派遣してくれた会社のみならず、派遣されてきた方、個人とも繋がっていきたいし、その出会いを大切にしたい、といつも思っています。。。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

プロフィール

浦上雅彦

Author:浦上雅彦

最近の記事
最近のコメント
twitter
月別アーカイブ

最近のトラックバック
FC2カウンター

カテゴリー
フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
right before the "BODY" end tag (
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
)