浦上雅彦のひとり言

市会議員浦上雅彦の活動日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふざけるな!

それにしても、世間は何でも言ってくれるもんだ! 俺は悲しいよ。。。


今まで応援してきた土木建設の世界に俺は今、失望している。


故門木和郎先生の秘書時代から、土木建設の世界に特別な想いがあった。大地を切り開き、道を作り、橋をかけ、下水をひき、ビルを建てる。何もないところに文明の命が宿る!目に見えて街が発展する、愛すべき土建屋の世界。


自分が議員になってからも、この世界を応援してきた。この世界に元気があれば、他の業界も元気になると信じてやってきた。


俺が総務委員長のおりに、まず、底なし入札をやめさせた。
これは、建設業協会の要望に市が応えたものだった。
その頃は、例えば一億の工事に対し、四千なにがしの札を入れた会社でも、落札認定されていた。そんな馬鹿な話しがあるか! 一億の工事は一億だろうが!
多くの土建屋が低空飛行で突っ込み、のちに散っていった。


それは本当に酷い制度だった。突っ込む土建屋が悪いのだが、こんな入札をやってる役所の方が、もっと悪いと思った。

俺は委員長の立場で吠え続け、制度を変えた!まず底を設定し、70%とした。

そして一年後に
底を75%に上げた。


さらに、今年度からは、底を80%まで上げるよう強く要望していた。


そして今回、底を約80%に上げる要望は通っていたが、新たに最低制限価格を設け、これを隠すスタイルの入札になっていた。。。これが、よくなかった。


最近、最低制限価格の五円違いとか七円違いとか………ほとんど最低制限価格のピタリ賞みたいな札が出ており、どうやら俺が疑われているそうだ。。。
俺が底値をもらしているらしい。俺は、想像で勝手に悪者にされてしまった。



アホか!誰がそんな事するか!入札妨害で逮捕されるがな!

しかし、俺への誹謗中傷は段々エスカレートしていった。


俺と一度も話した事もない業者が、ひがみ、やっかみから、想像であれこれ言ってるのはわかる。



しかし、熱を入れて応援してきた業界に、色んな事を言われ、今はあきれている。。。。いや、悲しい気持ちでいっぱいだ。。。。。やりきれないので、仲間に愚痴ったら、やっと有名税を払うようになったな、むしろ喜べ!と言われだが、そんな気には到底なれない。。


想像で好き勝手な事を言い回った業者………


今は、許さん。


来週ぐらいには、たぶん忘れてるから、たぶん許す!いずれにしても、今の入札制度は片手落ちだ。
早急に改善する必要があると考えている。

出来れば今議会でやりたい。

追伸
これからは、議員として、もっと福祉の世界の幅を広げていきたいと、今、真剣にそう考えている。。。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

プロフィール

浦上雅彦

Author:浦上雅彦

最近の記事
最近のコメント
twitter
月別アーカイブ

最近のトラックバック
FC2カウンター

カテゴリー
フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
right before the "BODY" end tag (
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
)