浦上雅彦のひとり言

市会議員浦上雅彦の活動日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自衛隊

本日、初の破壊措置命令が下され、海上と陸上から迎撃の準備がなされた。。。
はたして我が国の迎撃ミサイルは、北朝鮮のテポドン2号を撃ち落とす事が出来るのか!
日本中に緊迫が高まる!………と言いたいが、本当は日本人の危機意識はすごく低い。緊迫した雰囲気なんかまったくない。。。。。。
これじゃあ駄目だ。

平和な事はいい事で、私も絶対的な平和主義者だが、平和ボケは良くない !

自分達の地域にロケットの破片や、もしかしたら軌道を外れたロケットそのものが、落ちてくる可能性があるわけで…………

それらを撃ち落とせ!とゆう命令も政府から出されたわけだから、もう少し緊張感がないといけないと思う。

いっぽう
自衛隊で思い出したけど、ソマリア海賊を退治しにいった海上自衛隊の軍艦は今、どこらへんかな??

海賊に遭遇したらおそらく撃ち合いになるだろう……その状態を戦争と呼ばないのか?ソマリアは無政府状態だから戦争とは呼べないが、いつから自衛隊は他国で戦闘出来るようになったのか?自衛隊始まって以来、自衛隊が他国民を殺害する可能性と、他国民によって殺害される可能性が十分にある事態だ。

今回の海賊退治……我が国の自衛隊に怪我人や犠牲者を絶対に出してはいけない。すべての自衛官が、元気で家族のもとへ帰って来てほしい。

海賊に遭遇し、海賊が撃ってきたら、ためにらう事なく撃ち返し、海賊に命を奪われるぐらいなら、海賊を殺し、生きて帰って来てほしい。心からそう願う。


ただ………
おそらく事態は好転しない
暴力の解決はない。。

暴力は連鎖するだけ。
恨みも増幅するだけ。
たぶん、我が国の軍艦は、圧倒的な威力でソマリア海賊をやっつけるだろう。

ソマリア人たちは、日本の軍隊に仲間が殺られた事を決して忘れない………そしてアデン湾に入る日本国籍のタンカーや客船をさらに的にかけ襲ってくるだろう。。。


自衛隊は自衛隊!
我が国を守ってくれている。いや護ってくれている。


テポドンの迎撃は、自国の防衛、自衛隊本来の仕事だと思う。是非とも成功してほしいものだ。


いっぽう、ソマリアの海賊退治はいかがなものか?と思う。政府が無いような無秩序な国の、悪い奴らを退治するために、わざわざ出向き、戦闘する必要があったのか??
日本国を護るとゆう、尊い任務を遂行している自衛官の血を、無駄に流してほしくないんだ。。。


出来れば海賊の血も………
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

プロフィール

浦上雅彦

Author:浦上雅彦

最近の記事
最近のコメント
twitter
月別アーカイブ

最近のトラックバック
FC2カウンター

カテゴリー
フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
right before the "BODY" end tag (
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
)