浦上雅彦のひとり言

市会議員浦上雅彦の活動日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その時、事件が……

それは、富山学区防災訓練の最中に、起こりました!
緊急時に竹と毛布で担架を作り、実際に人を乗せても落ちないとゆう実験の最中です!
その時、私は、次々と地元の方が緊急用の担架に乗る体験をされているのを、近くで見ていました。

これ見て下さい!大丈夫なんですよ。体重の重い人でも大丈夫です!!と、訓練をリードしてくれている消防団員の説明が続きます。次第に周りの方々から先生もやってみねえ………

いやいや僕は本当に重いですから……

いやいやどうぞ、どうぞ!たくさんのご婦人方にも勧められ……

断わりきれなくなった私は、嫌な予感がしながらも

ついつい担架にスーツのまま乗りました。会場からは、パラパラ拍手も聞こえていました。

が……その時、悲劇は起こりました。

バキッ、ドガン……

数百人が見守る中、私を乗せた担架の竹が折れ、私はある程度の高さから地面に叩きつけられたのです。

その時、私はとっさどうしたのか??私はとっさに笑いましたね。体は痛いんだけど、もう笑うしかなかったんです。(笑)

しかし、その数秒後、やはりここはコメントが必要だろうと考え、立ち上がり、皆様に大きな声でこう言いました。

みなさ~ん、この緊急用担架に100キロ以上の方は乗ったらいけませんよ~今、身を持って実験しましたから~

そこにおられた300人を越す方々、大爆笑されました。

物凄い恥ずかしかったけど、間違いなく笑いの神様がおりてきてました。。。

腰痛い(笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

プロフィール

浦上雅彦

Author:浦上雅彦

最近の記事
最近のコメント
twitter
月別アーカイブ

最近のトラックバック
FC2カウンター

カテゴリー
フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
right before the "BODY" end tag (
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
)