浦上雅彦のひとり言

市会議員浦上雅彦の活動日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緊急融資対策を!!

雨が降ってるから
傘がいるのだ。

晴れている日に傘はいらない。

経営が苦しいから お金がいるのだ。

儲かってる時にお金はいらない。

当たり前の理屈だが……そうならないのが、銀行様だ。

ず~っと黒字で10年間やってきた。その間、銀行からは、借りて下さい、借りて下さい、と何度も頼まれた……今年、初めて赤字を出した。資金ぐりが少し苦しいから、銀行に融資をお願いしたら、色々言われ断られた。

よく聞く話しだ。。

まったくもってナンセンス。特に岡山の銀行様は
黒字の優良企業にしか融資しない傾向が強い。

本当に融資を必要としてる苦しい会社には、融資されない場合が多いのだ。。

百年に一度と言われる金融災害が起きているなか、今こそ、銀行は金を貸すべきなのだ。誠意ある経営者を見抜き、この危機が乗り越えられるよう、その手助けが出来るのは、銀行しかないのだから。。。。

晴れの日に、傘を持ってくるトンチンカン………
雨が降り出して、本当に傘が必要な時には、側にいない。。。逃げていく。。。それが今の銀行様だ。

そんな事じゃあいけん。本当にいけん。。。政府は何やっとる!!二次補正予算は国会に提出されず、見送られた。定額給付金も的はずれだ!!
このままいけば、来年は倒産ラッシュが続き、街は失業者で溢れかえるだろう。

今、政府がやらなければならない事は、銀行に渋られ困っている日本中の中小零細企業に対し、緊急融資対策をとる事だ。
今のタイミングしかない。即効性のある政策でなければ手遅れになる。今やらなければ……今だ!……この国会だ。。。なぜそれがよめんのか。。。間違いなく今年より来年、底冷えする。来年は日本経済が今まで経験した事のない未曾有の危機に陥るはずだ。

定額給付金に二兆円も予算を組んでいるなら、その金を銀行に廻せ!!

そして銀行は、融資を求めている中小企業に対し、今の融資審査基準を棄てて、真心で対応せよ。。
スポンサーサイト

コメント

★ 浦上節の復活ですね

お久しぶりです。先日、夕方のニュースにチラッと出てましたね。見ましたよ。
流石ですね先生。ズバリその通りですですよ。鋭い!!会社が倒産してしまっては、12000円の支援金では私達の生活は助かりません。
長期間ブログが更新されないからお忙しくされているのだろうとは思い、少し心配していました。
浦上節の復活で安心しました。これからもご活躍ください。

★ 岡山市主婦さん

いつもありがとうございます。 
心配して下さって、すいません。しかし、私にしてみれば、貴女こそお久しぶりな感じがしますよ。 

貴女は普段は現れません。 
貴女はいつも何か起きている時に現れ 
私を勇気づけてくれるのです。 

どなたかわかりませんが、心から感心しています。 

定額給付金12000円は、いっかい飲みに行ったら終わりますよ。 
どうせやるなら、それプラスもう2兆円ぐらい用意して、困窮している日本中の中小零細企業にお金を貸して貸して貸しまくればいい。。。もちろん、詐欺まがいの経営者や、でたらめの会社は除いてですが。。

今の銀行は、貸すどころか、これからの経済が不安定になるため、保身のため、全力を挙げて、回収にまわっています。。。  
貸したお金の回収に力を入れているのです。。。 

戦後の復興時のような、日本中が助け合い、励まし合い、生き残りをかけた、その頃の日本の雰囲気にならないと、助からない、乗り越えられない、そんな気がしています。。。

破産の人は借りれないのですか

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

プロフィール

浦上雅彦

Author:浦上雅彦

最近の記事
最近のコメント
twitter
月別アーカイブ

最近のトラックバック
FC2カウンター

カテゴリー
フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
right before the "BODY" end tag (
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
)