浦上雅彦のひとり言

市会議員浦上雅彦の活動日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ER(救命救急室)

私は何事も経験だと思い、意識が無くなるギリギリまで辺りの様子を観察しました。ひっきりなしに運ばれてくる手術患者、手術室は七つもあるのに、七つとも満杯で出たり入ったりと、ひっきりなしです!ドクターも看護師も大忙し!入院してみて改めてわかる医療の重要性、その時私は医療の充実こそが、安全安心の街づくりの最終到達地点である!と確信したのです。実は労災病院に入院してたのですが、この病院の存在が、岡南地域を中心とした岡山市南部の方々の安全安心にどれだけ貢献している事か!堂々と南部の方々の命の支えを果たしていると感じました。そこでやはり、絶対にやらなければと、心に誓ったところで麻酔が効き意識を無くしたのです。私が、やはり必要!と感じたのは市民病院です。市民病院を第3次救急が施せる体制に整える事です!岡山市内には第3次救命救急の指定を受けた病院、いわゆるER(イーアール)は青江の日赤病院だけですから。。。来春政令市に昇格する今、市内にもうひとつER(イーアール)が絶対に必要です。そして
その次に考えなければならない事は、ER(イーアール)に生まれ変わった市民病院をどこに移転するかです!広域医療の観点から見れば、ひどい状況がよく見えてきます。旭川以西の総合病院は七つ、さらには高度医療の体制が整っている救命救急の日赤があります。一方、旭川以東にある総合病院はたった1つだけ、救命救急病院(イーアール)は1つもありません。。。。市民病院の早期建て替え、救命救急病院への体制づくり、市内の医療格差、これらを急いでやらなければならない!やりまっせ!!

旭川を境に医療格差が生じていると言う事は、旭川を境に市民の命に格差が生じているのと同じです!例えば15分以内にER(イーアール)に運ばれたら助かる命があったとすれば、市内中心部の市民は助かる可能性は高いが……………もし倒れた時間が朝方か、夕方ならば………………………………………旭川以東の市民は全滅します。。。。。そう言う事なのです!
スポンサーサイト

コメント

★ まずは・・・

ER誘致 実現すれば素晴らしいですね
軸足を地域におかれているからこそ思いつく
発想ですね。
近頃、救急車に乗っても受け入れ病院がなく
たらい回しにされて亡くなった方のニュースを
観ましたが、そうゆう問題も含めて是非実現
させて下さい。
でもまずは浦上先生の健康管理から始めていただかないとER誘致を提唱されるのに説得力
ありませんよ!

★ グサッ!

ふぁ~い(・_・|気をつけま~す!

確かに太ったサムライって、たぶん弱いよね!すぐ斬られそう(笑)サムライは痩せてるイメージだ。あっ!わかった!今わかったぞ!若い頃から腕っぷしに自信があったから、たぶん今でも凄く強いと勘違いしてるんだわ、きっと!だから初当選以来10年間で別人のように太っても気にならなかったんだよたぶん……俺は強いから大丈夫ってね、本当はもう弱いはず!それを認めないで来たから太っても気にならなかったんだ、たぶん。アホやねぇ~もうそんな強いとか弱いとか幼稚な事も言わずに、健康のために痩せればええんよな~('∀' )

★ 今頃・・・

ER誘致議論の最中に先生が倒れて
運ばれたなんてシャレにならないよう
摂生に努めて良い岡山市にしてください。

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

プロフィール

浦上雅彦

Author:浦上雅彦

最近の記事
最近のコメント
twitter
月別アーカイブ

最近のトラックバック
FC2カウンター

カテゴリー
フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
right before the "BODY" end tag (
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
)