浦上雅彦のひとり言

市会議員浦上雅彦の活動日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

命名〓

 
浦上将宗(まさむね)
 
 
浦上櫻子(さくらこ)
 
 
と命名しました〓
 
 
将宗、櫻子、混沌とした今の時代を、鮮やかに生きてみよ〓
 
 
 
 
スポンサーサイト

最終ステージへ

連綿と繋げられてきた浦上家の命のリレー


どんなに過酷な時代であっても、そのバトンは繋げられ、今、この平和な時代を生きる私の手に、そのバトンはあった。なかなか子供が出来ない事への焦り……何故だ?何がいけない?


そんな中の待望の妊娠だった。


しかし、小さな二つの命は、切迫早産の前に、風前の灯火であった。妻はその命を守るため五月から入院、24時間点滴を打ち続けた。


そして、緊急帝王切開、二人の出産。


体中に管が差し込まれながらも、小さな赤ちゃんを両脇に抱えてる妻が運ばれて来たのを見て………とめどなく涙が溢れた。


ありがとう……心から感謝する。。。間違いなく、あなたは浦上家の大恩人だ。

人は皆、命のリレーの中間走者、私も後、しばらくはバトンを持って走らなければならない。しんどそうに走るか、難しい事ばかり言って走るか、人それぞれだが、どうせなら、私は沿道に手を振りながら、笑顔で走りたい。


私が私の人生の最終ステージに突入したら、私情の不平不満を聴く気はない。


時間がもったいない。明るく愛に満ちた前向きな話しを、ドンドンしていきたい。


知力、体力、胆力、どれもが備わり、社会に強く影響を及ぼす事が出来る年齢の限界は、やはり60歳ぐらいだろう。。。現在、46歳……そう考えたら、後、14年しかない!!そろそろ私の人生の総決算、総まとめをするステージに突入していくのだ。


天の蔵に徳を積み、富貴に恵まれた風情ある微笑みを常に絶やさない……そんなおっさんになりますので〓〓

生まれ来る子供達へ

 
妻が分娩室に入って行きました。間もなく生まれます。
 
 
46歳の私と、39歳の妻に、神様からのプレゼント……奇跡の子供たちです。
 
今日の日に辿り着けた事は、浦上雅彦、忘れません。
 
5月から2ヶ月以上もの間、入院し、24時間点滴を打ちながら切迫早産と戦ってくれた妻……
 
 
ありがとう。
 
 
あと少しだ〓
 
 
愛する子供達よ……
 
 
さあ、元気に出て来い!!!
 
 
 
〓〓

プロフィール

浦上雅彦

Author:浦上雅彦

最近の記事
最近のコメント
twitter
月別アーカイブ

最近のトラックバック
FC2カウンター

カテゴリー
フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
right before the "BODY" end tag (
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
)