浦上雅彦のひとり言

市会議員浦上雅彦の活動日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中区想造!

最近の私は………朝から晩まで、事務所開きの準備に追われ、モー烈にいそがしい毎日を送っています!


私のリーフレットは、実は室内用ポスターになっていて、そこには「中区創造」の文字が踊っています。


当時私は、3区割りで強引に決めようとしてきた岡山市と激突、徹底抗戦し市長とも対立しまくった挙げ句、予定になかった中区を造り出しました………当時の総務委員長としての強烈な記憶が甦ってきます。


あの時の、岡山市との生々しいやりとりは、リアルタイムでこのブログで報告しましたね。たった二年前の事なのに、もう懐かしい感じがします。

リーフレットには「中区創造」……


しかし、事務所の看板やスタッフジャンバーには「中区想造」と表記します。


地方の政治家として、地元の方の多くの意見を取り入れ、中区とゆう区を生み出す事が出来た!「中区創造」
そして、これからは、この中区をどう育てるか!
中区の事を想いながら造っていく!「中区想創」


実は、昔っから私を応援してくれてる方からアドバイスもらって………「中区想造」……すっごく気に入ってます!


「想」って字がすきだなあ。
いろんな人のいろんな想い、大切にしていきたい。

さあ 今週も始まります。

中区の事を想って
中区に住んでる方の事を想って

今週も、私と皆さんの間に「優しくて強い絆」が生まれますように。。。





スポンサーサイト

ただ今、城を準備中!


私の城をオープンする日が決まりました!


二月九日 水曜日(先勝)です。

11時から中区桑野の「岡山ふれあいセンター」にて式典を執り行います。

なお

9時から本部事務所(海吉)
10時から南事務所(藤崎)
にて神事を行う予定でございます。


平日ですので難しいとは思いますけど、ふるってご参加いただけますよう、宜しくお願い申し上げます。






最凶内閣

はっきり言って、新内閣が組閣されて、期待しなかった事は、これまでに一度もない!

政権が民主党に移っても、新内閣にはやはり期待したものだ!

閣僚が、どんな顔ぶれであっても、「この国を頼みます」と祈るような気持ちで……畏敬の念を抱いた。


なぜなら……


日本人だからである。



それが、なんだ!

今回は、違う。

最初から期待出来ない!

最初から尊敬する気持ちが持てない………

与謝野大臣はなんだ!

なんなんだ!

自民党の比例復活ではないのか……小選挙区で敗れた議員が、自民党に助けられたにもかかわらず、自民党を飛び出し、「立ち上がれ日本」の共同代表に就任した挙げ句、またまた世話になった政党に泥を塗り、とうとう民主党の大臣になられた。


筋もへったくれもない。

あきれる。

尊敬出来ない。

と同時に、ヘッドハンティングに成功したとか、サプライズ人事だとか、いい気になっておられる総理の感性を疑う。

完全に疑う!

総理には任命権者としての責任が問われるだろう。


与謝野大臣が民主党に入った事で、野党とのパイプができ、円滑な国会運営につながると、お考えならば、それはやめた方がいい………まったくの逆効果だ。


自民党も「立ち上がれ日本」も、筋の通らない与謝野さんを大臣に起用した民主党には、さらに態度を硬化させる事だろう。

なぜそんな簡単な事さえ、先が読めないのか??不思議でしょうがない。。。

石原都知事は、与謝野さんの事を、こう表現された。
「男が、男だてを売ったんだよ」


その通りだ。。。。



枝野官房長官は与謝野さんの事をこう言った。

「大変な経験と、政策をお持ちの方であるから、大いに期待している」


………男だてを売った増税論者に、勝手に期待してろ。。。。


さあ、完全に断末魔の症状が出たと感じた。


もうこの政権は長くない。


もう持たない。断言する!


今年中には必ず、衆議院の解散、総選挙がある!



必ず、ある!間違いない。。。





備前浦上家


太郎さん、明けましておめでとうございます!本年もどうぞ宜しくお願い致します。
凄くありがたいコメントを書いて下さってて………
大変嬉しく思います。

実は黒田官兵衛と浦上家は深い関係があります。縁戚にあたります。

簡単に、戦国期の浦上家の流れを書きますね。

まずは、黒田官兵衛の父親の墓は、備前福岡の妙興寺にあります。ちなみに宇喜多直家の父親の墓も、この妙興寺にあります。

官兵衛の息子、黒田長政が九州を平定した際、黒田家の出身地である、福岡と名乗ったのが、現在の福岡県の語源です。


官兵衛の主家である小寺家は、浦上家と同様に赤松に組していましたが、代々備前国の守護代を浦上家が務めた事もあって、浦上家の勢力が増大していました。そして赤松義村は、とうとう守護代浦上村宗を討とうとします。


何度も三石城を攻めるもすべて失敗、浦上討伐の赤松側の大将を務めた小寺則職(姫路城主)は、逆に返り討ちにされます。討ち死にした小寺則職の後、小寺家を継いだのが小寺政職です。この政職が、黒田官兵衛が仕えた殿様です。

その後、浦上村宗は赤松義村を幽閉した後、殺害、幕府の実権を握るため、細川高国と共に、中央政権に深く関わります。この時、播磨、備前、美作の実権は完全に浦上村宗に掌握され、浦上家は最盛期を迎えます。

しかし、浦上村宗は守護を殺害した事で、播磨の諸将に疎まれていました。赤松家は、浦上家の傘下に下っていましたが、赤松家自体は解体されなかったので、復讐の機会を狙っていました。

破竹の快進撃を続ける浦上村宗は、味方であるはずの赤松軍に戦場で裏切られ、まさかの討ち死をします。これを天王寺の戦い、または「大物崩れ」と言います。この戦(いくさ)の浦上軍の犠牲者は七千人と伝えられています。

その後、浦上家の惣領家を継いだ村宗の長男である、浦上政宗はまだ子供でしたが、成長するにつれて、弟、浦上宗景と激しく対立するようになりますす。

時は流れ、浦上政宗は、自分の長男に有力武将の黒田官兵衛の妹を嫁にもらう話をまとめます。


しかし、浦上家と黒田家の合力をなんとしても阻止するべきと考えた赤松政秀が、婚礼の日に奇襲をかけ、室津城は落城、幼い花嫁ともども政宗親子も命を落とします。

これが、今も室津に残る「八朔のひな祭り」の伝説のもとになっています。


深く対立していた兄、浦上政宗が討たれて弟、浦上宗景は、播磨、備前、美作を支配する戦国大名に成長します。織田信長から三国の朱印状を許され、浦上家は再び最盛期を迎えます。


しかし、それもつかの間、家臣の宇喜多直家が、主君宗景の息子を岡山城で接待すると呼び出し、毒酒で殺害した直後に、主家に向けて挙兵してきます。直家は毛利と内通していました。

その時、浦上家の正当な後継者と名乗る少年が現れます。浦上久松丸とゆう謎の少年(九歳)は、黒田官兵衛に匿われ、密かに育てられていました。一説によれば、官兵衛の娘と浦上政宗の次男、清宗との間に出来た子供だと言われています。


もしそれが真実なら、黒田官兵衛は、来たるべき時に出せる有効なカードとして、自分の孫にあたる浦上家の嫡流を隠し持っていた事になります。


主家である浦上宗景に挙兵するには、相当な大義が必要だった宇喜多直家は、この少年に目を付けないわけがありません。


宗景公は、貴殿の叔父ではあるが、亡き父、政宗公の宿敵である。我が戦(いくさ)は浦上家の正当な後継者、浦上久松丸殿の救援である、と大義をつけ、天神山城を取り囲んだ宇喜多毛利両軍一万騎の総大将は、この少年が務めました。


浦上家に仕える城の内側にいた宗景の家臣、明石が宇喜多直家と内通しており、合図と共に城内に放火します。。。


天正三年八月、落ちるはずのない備前最大の山城、天神山城落城。
一万石あれば大名と呼ばれた時代、この日、五十万石級の大大名が滅びました。
千三百年頃から約二百年間にわたり続いた浦上家の栄華は、ここで終わりを告げます。


その後、この少年は九州に渡り、浦上正任と名乗り、黒田官兵衛の息子、黒田長政と共に、大活躍し黒田家の家老となっています。


九州の福岡にある黒田家の菩提寺の中に浦上家の墓があり、今も黒田家の方々により守られています。



話しは変わりますが、京都にある大徳寺の開祖である「大燈国師 宗峰妙超」は、浦上家からの輩出なんですよ。

浦上掃部入道覚性の息子で、1282年、12月7日に生まれています。


浦上家の御先祖様の中では、この人がいちばん偉い人ですな。。。


赤松家の再興に尽くした名将、浦上美作守則宗も大変尊敬出来る武将です。昔、NHKの大河ドラマにも出てきました。


あとは……やはり……残念です。兄弟喧嘩の繰り返しの歴史です。村宗は、宗久と……政宗は、宗景と……兄と弟で、殺し合いを続けました。。。

「三本の矢」を説いた毛利家の教えを、少しでも浦上家が重んじていれば……


黒田家のように黒田官兵衛公から十七代目、黒田家当主が現存するような繁栄を、ひょっとしたら、していたかもしれません。

やはり、親、兄弟は一致団結して助け合っていかないと……

家が滅びます。


はっはっはっは



〓〓〓〓〓

明けました♂♂♂

200100101_1
バニーマサヒコ


さあさあ、平成23年が始まりました!!!


一年の計は、元旦にあり!

と言いますから………私の今年の目標を、公表しておきます。

最重要課題は……やはり、また市民の代表として、仕事をさせていただく事です…………これがいちばんですね。


4月に行われる統一地方選挙に向けて、これから徐々に加速してイキます。


岡山市の政治を動かす、与党政隆会の幹事長として、自分の選挙を戦いながらも、有力な新人議員を獲得する。。。そんな余分な動きをしなければなりません。

そんな余裕はどこにもありませんが、改選後の政隆会を更に強くするには、重要な事なのです。


あとは………


親や家庭を大切にする事は当然として、そろそろ子供がほしいですね。


友の要望には最大限響き、後輩には道しるべになるような生き方をしたい。

物事を治める時には、「義」を見極めていきたい。


おごる事なく、どんな時も謙虚でいたい。


いろいろな事や人に、こだわる事なく、人を信じ、人に任せていきたい。


以上


日本国や岡山市の為になるような生き方を、どんな時も笑顔でやりきる事を誓います。








プロフィール

浦上雅彦

Author:浦上雅彦

最近の記事
最近のコメント
twitter
月別アーカイブ

最近のトラックバック
FC2カウンター

カテゴリー
フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
right before the "BODY" end tag (
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
)