浦上雅彦のひとり言

市会議員浦上雅彦の活動日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おおーっ

つ ついに……小沢先生が天下取りに動く。。。

信じられん。

先の参議院選挙で、民主党が敗北した原因は、いくつかあるが……

日本のトップである総理と、政権与党の幹事長……お二人の「政治と金」の問題が、国民の感覚とかけ離れたものであった事……これが選挙結果に大きく影響した事は、間違いないところだ。

しかもまだその問題は、うやむやのまま、起訴される可能性を残したままである。

まさかと思っていたが………信じられん。

信じられんが………総理に就任出来れば、すべてを封印する事が出来る………最後の勝負に出たわけだ。


小沢先生ほどの政治家が、勝負に出られたわけだから、負け戦(いくさ)はされないだろう。。。


小沢総理誕生の確率は、かなり高いものなのだと感じる。。。。


どこにでもいる普通の若者みたいな、普通のサラリーマンのような…………国会議員だと聞かないと、絶対国会議員だとわからない、まったく政治家のオーラを放ってない方々の集団、民主党。


その庶民感覚、クリーンさが売りの民主党の代表に、あの小沢先生が就任されるのか………


今の民主党は、昔の自民党によく似ている。


こうなったら、代表選挙しながらでもいいから、自国の危機に対し、どうか豪腕をふるって下され。



スポンサーサイト

なにやっとん!!

円高が続いている。
こんな景気で、こんなに円高が続けば………輸出大国である我が国は、崩壊する。
国家の危機ではないか!
政府は何をやってる!
今こそリーダーシップを発揮しないといけない時だろう!

日本レベルのアナリスト、経済学者、多方面の有識者の意見も聴取し、ありとあらゆる方策を検討し、円高歯止めに有効な一手を探り出せ!

そして早急に日銀に指示しないと…………街は失業者で溢れかえるだろう………大臣がオロオロして会見開いても何にも解決せんわ。

逆に言えば、今こそ民主党にとってはチャンスとも言える。

民主党政権が本当に頼りになるのか、ならないのか………国民にアピール出来る。

平和で景気の良い時は、いい!誰がどうしてても良いが………乱世になればそうはいかない!

強烈なリーダーシップを発揮する者がいないと乗り切れない。

今は民主党の代表選挙にうつつをぬかしている時ではない!

政府あげてこの危機を乗り切る時だろ。




借りぐらしのウラエッティー☆

なんだか最近、早くも選挙モードの議員が何人かいて………ポスターをペタペタと貼り始めました。
 
 
それを見て、嫌な予感がしていました。
 
 
そして今日、怖れていた事が現実に………
 
後援者から電話があり「最近○○議員が、うちの町内会にポスターを貼っとるから、わしらも負けとれんから、浦上のポスターをすぐに持って来てくれ!」
 
 
オーゥ!これは、迅速に対応しないと、気運が盛り下がる話しだ!急がないといけない、ありがたい話し………
 
しかし……すぐにと言われても、今すぐ用意出来るのは、詐欺だと言われる昔のポスターしかニャい!
 
 
来年の本番までには撮り直すとして、とりあえず、今はそれしかないのだから、ま、いいかぁ……なんて軽ーく考えながら、借りぐらしのマンションへ帰って来た……自分の事務所へ入る……そして………
 
 
Oh!no~改めて、まじまじと、昔の自分のポスターを見た…………こりゃあ………ヒドい差だわ。。。
 
12年間の議員生活が、いかに過酷なものだったか………物語っとる(笑)
 
 
 
借りぐらしのウラエッティーのポスターは、サギエッティーだった(笑)
 
 
しかし、二ヶ月間だけ、しかもちょっとの枚数だけ、これで頑張る!
 
 
一切、修正も何もしてませんが、12年前、33歳の時の私です。
 
詐欺みたいだけど、許してね。
 
 
 
 
 

ハッピーバースデー

8月18日

今日は何の日!!


太閤秀吉の命日………いやいや、SMAP中居くんや番長清原の誕生日……

柴田恭平、名取裕子、吉川晃司も………


面白い事に、毎月18日は「頭髪」の日でもあるらしい……………(笑)そのわりには、私の頭髪はひどい事になっとるがな!!


はっはっはっは

文武と風雅を愛する浦上雅彦も………45回目の誕生日を迎える事が出来ました。


後輩達が、サプライズでささやかなパーティーを開いてくれました。


お祝いのメールや、花など贈って下さった方々、感謝してます。


ありがたや、ありがたや。

この「ありがたい、嬉しい気持ち」は、市政でお返しいたします。




憤怒の形相

今日ばっかりは、悪い顔をする!今日ばっかりは、久しぶりに怒った!
 
 
毎日さまざまな市民相談を受けるが、中には「どうすれば、うまくいくか?運を上げるには、どうしたらいい?」とゆう質問が時々ある!
 
 
私はいつも、「鏡で自分の顔(表情)を見たらどうか」と勧めている。
 
 
人が寄って来ないと始まらない!人がすべて! 人が運を運んでくるのだから。
 
良い人が来るか、悪い人が来るかは、自分と等しい人が寄ってくるので、自分の周りを見渡せば………自分の「徳」が、だいたいわかるよ~と……
 
 
「何事にもおもしろがる余裕と、何事にも感謝出来る体質を普段から………うんぬんかんぬん。」
 
このブログでも浦上的幸福論を、さんざん展開してきた。
 
 
 
 
しかし、今日は怒る!
 
 
 
 
どんなに悪い顔をしてるのか!………風呂上がりの自分の顔を、戒めのために撮った。
 
おお、悪い顔をしている。憤怒の形相だ。
 
激怒の原因は、今聞いたニュース…………靖国に総理はおろか、内閣の誰ひとりも参拝しなかっただと。
 
我が国の政権は、反日か!
自分の国の民より、中国や韓国との外交をとるのか!
 
許さん!俺はたかが市議会議員だが、絶対に許さん!
 
「靖国で逢おう」を合い言葉に、万感の想いで散っていった多くの戦没者に………日本国の為に命を投げ出した戦没者に………なんと説明するか!
 
 
自分の死後は、靖国神社で英霊として祀られる事を糧に、死の恐怖から自分を奮い立たせ、愛する日本の為に死んでいったのではないか!………その事が良いか、悪いかは、今日は別問題だ。
 
その時の政府が、約束した事なのだから。
 
 
何十万人とゆう戦没者の犠牲の上に、今の平和があると、このあいだ書いたばかりではないか!
 
我が国の内閣、閣僚全員が参拝を拒否したとゆう事は、自国の歴史を否定した事と同じだぞ。
 
私は、右翼でも左翼でもない。
 
ど真ん中だ!ど真ん中の日本を愛する者だ。
 
 
国会議員が愛国者でなくて、国会議員が務まるものか!
 
 
 
私の叔父はビルマの戦闘で亡くなった。勇敢な叔父は、最前線で戦うパラシュート部隊に自ら志願、二度も死地から帰還し、家族を喜ばせたが、三度目の出兵で、婚約者を残し帰らぬ人となった。
 
 
 
いけん、絶対にいけん。
 
 
 
「今年は終戦記念日に、政府のだれも参拝に来ないぞ……こんな腐った国にする為に、命を散らしたんじゃねー」 
 
英霊の嘆き声が聞こえてきそうだ。
 
 
 
 
 
 
 

流れる雲を見ていた

鮮やかな緑の山…………抜けるような青い空…………そして………白い雲



日本中どこにでもある風景だが、私はこの三点セットの風景を見るのが好きだ。

また、月や星が出てる夜空を眺めるのも大好きだ。


それは……


月や空や雲などは、太古の昔から変わっていないからだ。

平安時代に生きた人も
戦国時代に生きた人も
昭和の戦時中に生きた人も

いつも、私が見てる……この風景と同じものを見たはずだ。

そう考えたら、それぞれの時代の人は、何を想い生き、この風景を見たのか………いろいろ詮索してしまう。

その風景を見た、遥か昔の人に、想いを馳せる。


四季の移り変わりと共に、山の色も、空の表情も、雲の形も、少しずつ変化する美しい国、日本。


ここに、世界には類をみない、我が国固有の繊細な文化を形成した原点がある。

美しい国に生まれた者として、先人は何を想い、後生に何を伝えたかったか……それらを感じ取ろうとする。


遥か昔の人が見た風景と、同じものが今でも見れる………これはかなり、意識を同調させうる………感性を揺さぶるものだ



しかし、さらにもっと激しく感性を揺さぶる、強いメッセージを感じとれるものがある。


それは、昔の人が造った物を見る事だ。物から強烈なエネルギーを発している。



私の中ではとうに答えは出ている………雑駁な答えだが、間違ってはいない。。。小学生ぐらいから勝手に理解している……それを毎日確認してるんだな、きっと。。。



私が小さい頃から感じている………それは、畏敬の念だ。



国宝に指定されている寺を見ても、神社を見ても…………仏像を見ても、城を見ても、怖ろしいほどの静寂と荘厳さが伝わる………決して明るく楽しい感じはしないのだ。



国や県の文化財に指定されてなくても同じ………近所の神社か、お寺に行ったらわかる…………昔の人が造ったものは、時空を超えて現代に畏敬の念を伝えてくる。


比較的新しい明治、大正時代の物でさえ、基本的には暗い、怖い、感じを受ける………しかし品があって、なぜか神々しい……そして、どこか懐かしい感じがするのだ。


武具だけにそう感じるのではない。机や箪笥、農具に至るまで同じオーラを放っている。



晴れた日に空をずーっと見てると、どこまでも抜ける青空が、広すぎて………人間ではどうする事も出来ない事がよくわかる………イコール神を感じる。
だから……見る。
祈りにも近い気持ちで、空を見て、自分のちっぽけさを確認する。毎日、毎日。生かせてもらってる感覚を確認する。毎日、毎日。


今日も流れる雲を見た。
たぶん10秒ぐらい……




流れる雲に………宜しく頼むと念じた。。。






朝のひと時

おはようございます!


ななしのごんべぇさんから、嬉しいコメントをいただきました。。。なんか……ホッとしました。ありがとうございました。。。


やはり自分の国の歴史を知る事………そこから始めなきゃね!


世界の若者と較べた時、今の日本の若者に欠けているもの……将来、国民にこれがなくなったら、国家として成り立たなくなるもの………




それは「愛国心」です。




しかし、残念な事に「愛国心」とゆう言葉をガンガン使えば、瞬く間に「右翼議員」とゆうレッテルを貼られてしまう………そんな世の中になっています。


だから学校の先生も、我々議員も、あまりガンガン使えないワードなのです。

「愛国心」を持とう~とは、自分の国を愛する心を持とう~の意味ですから、本来もっと大切にされなければならないのですが…………皆さんナーバスになられるのです。


それはなぜか??


敗戦した苦い経験の反動が出ているにちがいない!
「愛国心」とゆうワードは、戦争を連想させてしまうのです。または、時々街で見かける大音量の右翼車両を連想されるかもしれません。

愛国心イコール右翼イコール戦争賛成………みたいに短絡的に捉える方々が非常に多いので困ります。



日本に住んでる人、み~んな仲良し、み~んな日本が好き、なんかあったら団結して助け合うけど、戦争なんてぜったいあり得ない~


そんな明るく穏やかな愛国心、将来そんな若者で溢れる日本にしたいですね~



朝の独り言は、これぐらいにして~そろそろ
市役所にむけて

いってきまーす!





英霊に敬礼!

65年前の夏、我が国に悪魔の爆弾が落とされた。悪魔の爆弾は、広島と長崎の人達を一瞬にして消し去り、美しい町並みを瓦礫に変えた。


地球上で幾度となく繰り返されてきた紛争、戦争の歴史の中で、原子力爆弾が実際に使われたのは二回だけ………その二回ともが、我が国に投下された。

悪魔の攻撃を二度もしてきたのは、他ならぬアメリカだ。

アメリカ合衆国だ!

なのにどうだ?!我が国は………やられた相手に、ヘラヘラと媚びへつらい、今だに守ってもらっている。
結果的に、そのアメリカに、いちばんお世話になっているではないか!

日本政府のアメリカに対する憧れにも似た感覚は、そうゆうところからくるのか………地方政治の中にしかいない私には、知る事のない事情が様々あるのだろう………

しかし、ハッキリと私にもわかる事は、65年前の夏、アメリカが悪魔の兵器を使い、何十万人とゆう同胞を殺戮した事……今までに約29万人の方々が死没している事………

そして、国家の為、愛する人の為に、命を懸けて戦い、散っていった日本兵が何十万人といる事………

戦争なので日本も酷い事をしただろう…………しかし、善悪の判断は別にして、これらの事は、紛れもない事実だ。


だから………せめて、今日だけは………


今日だけは、アメリカと対等でいなければならない。もちろん気持ちの中だけでいい………今日だけは、戦争に携わった多くの人々の無念な想いを感じ取り、今は骨抜きにされているが、消えてしまってはない古来から続く日本人の息吹を、感じとらなければならない……そうゆう日だ。

そうでないと、愛する国を、愛する人を、守ろうと命を懸けて戦い、亡くなられた多くの先輩達に失礼だろう。。。


アメリカ政府は、原爆投下により戦争終結を早める事が出来たのだと………戦争を長引かすよりも、むしろ日本人の被害を最小限にとどめれたのだと、原爆投下を正当化しており、広島、長崎の方々に対しても、謝罪する意志は一切ないのだ。。


被爆者達は、口を揃えて「謝ってもらいたいわけではない」と言われる。


そう………「謝ってもらいたい」わけではないのだ。謝ってもらって、整理がつく問題ではないのだから。

ただただ、今の豊かな暮らしは、英霊達の犠牲の上になりたっているとゆう事を、改めて再認識し、深く感謝する1日にしなければならない。


何十万人と眠る英霊が、今の日本を草葉の陰から見た時、どう思われるか?それぐらいの事は今日は考えなければならない。


特に平和ボケしている今の若い人に伝える必要がある。





愛する愛する岡山市民の皆さま~今週も始まりました。。。。。あなたの世界が優しさで溢れますように


何かあれば連絡下さい!
すぐに参ります。




スーツで総踊り?!

ura


今日はうらじゃ祭り!!

うらじゃ!と聞けば………胸が騒ぐし………血も騒ぐ!


地域の仲間と共に「チーム浦」を結成し、毎年うらじゃ祭りに挑んできた…………今日はたまらず「はっぴ」を引っ張り出して、まじまじと見た………「浦」の字がキレイに染め抜かれている…………はっぴを見れば、色んな事を思い出す。。。


「チーム浦」は、別々の仕事をしてる10人程度の小さな踊り連にもかかわらず、毎年コンテストに出場し、準優勝に輝いた華麗な経歴を持つ!

当時最高にカッコいい踊り連だったはずだ。。。

もう「チーム浦」の平均年齢は、40歳を軽く超えており、数年前から「うらじゃ祭り」には参加していない。


私とあまり歳の変わらないメンバーに対し、「1人でも間違えたら、初めから~」とか、何回も踊ってのびてるみんなに、「あと1回!ラスト!」とか………けっこう鬼の総監督だったと思う。。。


メンバーに対し、溢れる愛情を持って……踊るみんなを見ていた。

心ひとつに踊るみんなを見るのが好きだった。。。。賞をもらった時などは、自宅の風呂で大声を出して泣いた………


そんな「うらじゃ祭り」に今年はミッキーが参加するとゆう……


凄い事じゃないか!

ミッキーのエンターテイメントは、世界レベルだ………

うらじゃ祭りに参加する子供達にも、夢があって大変良い企画だ。

立案された方に「グッジョブ賞!」を進呈させていただきたい。


ほんとは私も、ミッキーも観たいけど、それよりも、地元岡山最大級の祭りの進化を見届けたい……進化の過程を肌で知っておきたい………そうゆう想いがある。。。


残念ながら、本日は韓国の姉妹都市から要人が来られており、夜から会食があるので、ミッキーを見る事は出来ないけど……


もし、早く終われば………スーツ姿でも、総踊り会場に行けたら……と思ってます(笑)






愛する愛する岡山市民の皆さま~今月も始まりました。。。

毎日暑い日が続きますが、あなたの世界が優しさで溢れるように……強く祈ります。


何かあれば、ご連絡下さい。。。すぐに参ります!






追伸

総監督Dr.イーブルよりタムタムへ

「チーム浦」の暑気払いをやりましょう~日程を調整して下さい!

会場は、勿論………焼き肉「うっしっしー」ですぞ!


フォーッフォッフォッフォッフォッのフォッ




プロフィール

浦上雅彦

Author:浦上雅彦

最近の記事
最近のコメント
twitter
月別アーカイブ

最近のトラックバック
FC2カウンター

カテゴリー
フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
right before the "BODY" end tag (
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
)