浦上雅彦のひとり言

市会議員浦上雅彦の活動日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝アカデミー賞

昨年、市内で展開している葬儀業グループの集いで、私はこんな挨拶をした。

今、映画「おくりびと」が話題をよんでいます。
本物の納棺師の方々を前になんなんですが、あなた方は、本当に尊い仕事をされていると思います。

人生最後の日は死んだ時ではありません。その人が生きた証をみんなで確認し、最後のお別れをするのは、お葬式の日です。

「選挙と葬式は他人にやってもらうもの」

と言う諺があるが、まさにその通り。。。選挙は候補者が生きてるから口も出せるが、自分の葬式だけは、手も足も出せません。
最後の自己愛
最後のナルシズム

これをどう守ってもらうかは、非常に大切な事です!自分が主役の最後のパーティーに、自分は何ひとつ出来ないのだから……

その代わりをあなた方がして下さっているのですね。

映画「おくりびと」のおかげで、日本中が葬儀に注目する事でしょう。そのため、葬儀の形式や様式、親族の要望も多種多様になってくるはずです。 進化するニーズにスピード感を持って対応し、出遅れる事なく、業界のトップを走り続けて下さい!


パチパチパチパチ(拍手)



俺もたまには、いい事言ってるなぁぁ~ と、今、書いてて思いました(笑)。
その頃、映画「おくりびと」は、まだあまり話題になっていませんでしたが、日本どころか世界が認めたようですね。。。



みんなとお別れする日は、こんな風がいいなあ~こうゆう形で見送ってほしいなぁ~などと、自分の葬式を今から考え、そこに自分流を演出してもらう事は、
究極のナルシズムと言えるだろう。。
スポンサーサイト

冷たい雨の中

今日は冷たい雨が降っていたが、昼から夕方まで空白時間がとれたので、赤穂市へ車を走らせた。
赤穂と言えば、赤穂浪士。海吉の自宅からちょうど1時間で赤穂城跡に到着した。同じ岡山市内の建部に行くのにちょうど1時間かかるので、赤穂は以外と近いのだ。。。城跡内にある大石邸の長屋門は今もそのまま保存されている。

早かごが、刃傷沙汰で切腹した主君の悲報を届けたのも、この大石邸の長屋門だ。

その門が当時のまま残っている事に驚き、その日、大石内蔵助は何を思ったのだろうか……と歴史に想いを馳せた。。。。

赤穂浪士は主君の仇討ちを果たし、47人の侍は、武士道の鑑として現代に語り継がれた。

赤穂では赤穂浪士の事を、浪士とは言わない。

義士と呼ぶのだ。

義に生きた四十七士の事を浪士と言わず、義士と呼ぶ地元赤穂市民の方々………四十七士に対する思いが溢れている。

赤穂義士が目的を果たし、義を貫き、切腹して三百年以上たった今、我が国における義の精神はあまりに薄っぺらいものになってしまった。

今の金融危機の原因もそうゆうところにある。

四十七士の中には今の中学生ぐらいの少年もいたのだ。十五の少年が、みんなと共に義理を果たし、武士として死んだ。

冷たい雨が降り続く中、赤穂城跡の前に立ち、目を閉じて、耳をすました。赤穂義士たちが、今の日本を憂い、嘆いているのは間違いない気がした。。

たのたの庵

先日、グッドなお店を発見した!
そのお店は、操明学区の藤崎にある! 古民家を改装して作ってあるので、古くて新しい、そしてどこか懐かしい感じがするのだ。。。

居心地のいい和の空間に、いきなり迷い込んだので、さっきまでの現実とのギャップに、不思議な感覚を覚えた。

私がこの店を絶賛するのは、雰囲気に癒されるだけではない。
料理もグッド!お店の前にある畑でとれた野菜をふんだんに使っている。味付けも優しい。。。
市内にある有名割烹店にも勝るとも劣りはしない。
その名も 「たのたの庵」

推定操南中学の先輩?か後輩?にあたるであろう女性店主に
なんで、たのたの庵って名前にしたんですか??

と聞けば……

楽しく、楽しく、ですよ!
と、笑顔。。。

素敵な笑顔でした。

推定先輩(笑)、また仲間とランチしにいきますね。。。

tanotano

tanotano-lunch


たのたの庵

ゴング鳴る!

今日から二月議会が始まります。当初予算とも骨格予算とも言われる最も重要な議会です。

山ほどある項目の中、予算書をぴらぴらめくって目に入った、とゆうより発見したのは外環状線関連……

楽しみにしている東に向けての調査費は?? いくらかなぁ~??
ぬぬ!

550万円………

なんとも悩ましい金額の予算ぢゃのう……

それにくらべて西(浦安)に向けては、測量設計の予算が計上されとる。。。

いち、じゅう、ひゃく、せん、まん、わおお~二億円以上ついとるがな。。。


37年間、止まっていたもんが動いた事には感謝しとる。初めて調査費をつけてくれた事にはほんとに感謝しとるが、なんか釈然とせんな。。。

操法大会

先日、岡山市消防団、中方面隊の操法大会が開かれました。
操法とは、火事現場で消火活動を行う基礎となるものでございます。その操法がいかに美しく、迅速に出来るかどうかを、競い合うのでございます。よって本大会へは、各分団とも、分団の威信を懸けて臨んでこられます。

私が現役の分団員である、我が富山分団も、三位入賞の大健闘を果たしました。

私も消防団員になって今年で17年目でございますが、その昔、操法大会に毎年、毎年出さされたものでございます。

入団した27歳の時から、32歳の出馬までの5年間、毎年連続で出させていただき、4つのメダルをいただきました。

今となっては、かけがえのない思い出を作ってもらえたと、心から感謝しております。

今年で退官される先輩団員が、俺の引退の時に入賞してくれてありがとう、引退に華を添えてくれた、と、男泣きされたのがすごく印象的でした。

バンザイ\(^O^)/
富山消防団

地域の安全安心、市民の生命、財産を守る、究極のボランティア、若者よ!いざ、地元の消防団へ突き進め!!!


最近、全市で人手不足なのですよ。。。困ってますハイ。。。

セクシーマサヒコ

今日はバレンタインデー!しかし、俺には関係ねえ!
神仏の国の人間に、バレンタインデーなんか全く関係ねえ!………などと強がっているそこの君!!

ほんとは今日一日そわそわしてたんじゃないん??ほんとは欲しいよねぇ、チョコレート。。。素直になったらどうよ!!

確かにボウズ(チョコ0個)は辛いなぁ。今日を意識しててボウズ(チョコ0個)だったら落ち込むから………バレンタインなんか関係ねえと、バリア張って、最初から自己防衛してるんだよなぁ。。。俺もそうだし(笑)。。。
けど
ほんとは、欲しい

もらえたら嬉しいもんだよ。。。

もう日本全体で定着した大イベントなんだから、背をむけるんじゃなく、ここは素直にいくべきだよ。きっとそれが正しい選択だ。

今年ボウズだった男達諸君、今日から男を磨き、女性に優しく接し、男っぷりを上げる努力をしよう。来年こそは、沢山チョコレートがもらえる男になろうぜ!

よし、俺も今日から色気づいて格好良い男を目指す事にする(笑)

アゲアゲ当初予算

時が経つのは早いものです。特にこの二年間は、目まぐるしく駆け抜けていきました。振り返って思うに…………私にとっては大変充実した、議員冥利に尽きる二年間だったと思います。

政令市になるための…………気が遠くなる程の決め事を審議し…………乗り越え………今、私は総務委員長として、最後の議会を迎えようとしています。これが、最終最後の大仕事。。。。。行政では、四月一日からを新年度と呼びます。これから始まる二月議会は、その新年度の当初予算を決める、一年のうちで最も重要な議会です。


総務委員会は事前に十八日から審議を始め、本会議は二十日から。。。

二千億を越えるであろう新年度の当初予算………議会最終日(三月十九日)の予算成立に向けて全力で臨みます。


百年に一度と言われる世界規模の経済危機………岡山市として何が出来るのか?どうする事が正しいのか?しっかりと考え、温もりが予算に反映されているのか、どうか?きっちり精査しながら、取り組んでいきたいと思います。

岡山市民の皆さんが
大丈夫であるように
祈るような気持ちで
仕事にとりかかります。

マイナス発言、マイナス思考、暗い話題ばかりで余計に暗いクライCry。。。

せめて行政の予算ぐらいは、上げアゲでいきたいものです。

ばびゅーん!

いざ江戸へ。。。

本日、夜遅く、江戸に入り、明日、朝いちばんで岡山へ帰る。。。

任務は…………秘密。

何も言えねぇ。。。

ごめんなさい。。。

もちろん自費でござる。

明日、昼には普通に役所におりまする。。

でわ、これにて、失礼つかまつる。。。

入札制度が変わります!

政令市昇格に伴い、4月1日より入札制度が変わります!

企業の皆様、要チエックです! 特に土木建設業の方々は、大きな変化があります。

これからは、国の方針により、総合評価方式が導入されていきます。

今までは5億円以上の工事が対象だったものが、今回の改定で2億以上に引き下げられています。この総合評価方式、これからは、毎年、毎年、下げていき、将来的には2500万円以上の工事は、すべて総合評価方式の対象にしていきたい、とゆう希望があるようです。。。
ペーパーカンパニーを排除し、技術力と積算能力のある会社を生かしていく狙いがあるのです。

今までの総合評価方式での入札は、加算方式だったのに対し、今回の改定で除算方式に変えられています。
入札の際、開封される前から、どの会社が落札するのかが、わかってしまうような制度の入札では、問題があります。

除算方式に変えた事により、どれぐらい問題が解消されるのか、また、新たな問題は発生しないのか??じっくりと、総合評価方式の在り方について、注目していきたいと思っています。

それから一番大きな変化は、区割りに伴いエリアが拡大する事です。特A上下のエリアは変わりませんが、Aランク以下のエリアが拡大されています。

一瞬、エリアが拡がる事は、良い事のように思えますが、実際は逆で、土木建設の業界は、地元地域に根付いた都市基盤の整備に、熱い想いと誇りを持っておられます。 例えば………

御津の下水道工事に市内中心部の会社まで入れるのは、おかしい。ありがた迷惑な話しです。御津の小さな下水工事なら、御津と建部ぐらいの地域のメンバーで入札するのが妥当でしょう。

激変緩和策を考えるべきだと思います。

色々申しておりますが……
私はこの2年間、入札制度の改定を総じて評価しているのです。その昔、底無し入札をやっていて、多くの業者が飛び込んでいました。私は、業界的にも、役所的にも良い事になっていない!と、しつこく反対しました。

あれから改善され、底値は70%と決められ、一昨年には底値を75%としました。

そして今回の改定により、平均落札価格は、80%代に高まるように聞いております。

役所が設計した8割ぐらいの価格で落札出来れば、なんとか工事の品質も下がる事なく、良い仕事が出来るのではないか!と期待するところでございます。

入札制度は生き物。
時代と共に変わっていくもの………

しかし、いくら時代は変わっても

土建屋が地元を愛し、地域を守ろうとする、その精神は、いつの時代も変わらないはずです。

。。。

その時、事件が……

それは、富山学区防災訓練の最中に、起こりました!
緊急時に竹と毛布で担架を作り、実際に人を乗せても落ちないとゆう実験の最中です!
その時、私は、次々と地元の方が緊急用の担架に乗る体験をされているのを、近くで見ていました。

これ見て下さい!大丈夫なんですよ。体重の重い人でも大丈夫です!!と、訓練をリードしてくれている消防団員の説明が続きます。次第に周りの方々から先生もやってみねえ………

いやいや僕は本当に重いですから……

いやいやどうぞ、どうぞ!たくさんのご婦人方にも勧められ……

断わりきれなくなった私は、嫌な予感がしながらも

ついつい担架にスーツのまま乗りました。会場からは、パラパラ拍手も聞こえていました。

が……その時、悲劇は起こりました。

バキッ、ドガン……

数百人が見守る中、私を乗せた担架の竹が折れ、私はある程度の高さから地面に叩きつけられたのです。

その時、私はとっさどうしたのか??私はとっさに笑いましたね。体は痛いんだけど、もう笑うしかなかったんです。(笑)

しかし、その数秒後、やはりここはコメントが必要だろうと考え、立ち上がり、皆様に大きな声でこう言いました。

みなさ~ん、この緊急用担架に100キロ以上の方は乗ったらいけませんよ~今、身を持って実験しましたから~

そこにおられた300人を越す方々、大爆笑されました。

物凄い恥ずかしかったけど、間違いなく笑いの神様がおりてきてました。。。

腰痛い(笑)

プロフィール

浦上雅彦

Author:浦上雅彦

最近の記事
最近のコメント
twitter
月別アーカイブ

最近のトラックバック
FC2カウンター

カテゴリー
フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
right before the "BODY" end tag (
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
)