浦上雅彦のひとり言

市会議員浦上雅彦の活動日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑顔で行く!

よくあるいつもの日曜日。
朝から昼すぎまでは、公務てんてこ舞い、午後から少し時間が空いて、夕方からまた市民相談の約束がある。

チラッと観た24時間テレビ。。。

世の中には頑張っている人がたくさんいるね。
またまた滝のように涙が溢れた。

重い障害を持った子供たちや、難病と闘っている子供たちが紹介されていた。

みんないい顔してた。五体満足の私たちでは想像出来ない壮絶な世界の中で懸命に生きている。
見習わなきゃな!
さあ、もうちょっと頑張ろうっと!
そうだよ、生きたくても生きれなかった人たちも、たくさんいるんだから。
私たちは生きている。
私たちの武器は生きてるって事だね。
命さえあれば、何かが出来る。死ぬ気で生きれば、何でも出来るさ!

さあ、いくべ。。。
スポンサーサイト

憂岡山県

おらが故郷の岡山県

いったいこれからどうなっていくのか?
今こそ立派な殿様が現れてくださる事を祈る。岡山県民の切実なる願いだ。

12年間もその職に就いていた方が、他人事のように財政破綻宣言をされた。このままいけば、岡山県はぶっ潰れるそうな。。。そんなひどい状態になる前に、なぜ何もされなかったのか。時間は十分あったし、やろうと思えば、大改革でも、何でも出来る権限を持っておられたのに。
私の地元を通る、幻の県道と言われている道は、今も幻のままだ。12年前、ご近所から知事が出たので、この道路も整備される!と期待も高まっていたが、結局は何ひとつ変わっていない。何ひとつ。

腹が立つから、私が来年やる!ぐらいの気迫でいる。100億以上かかるので無理なんだろうけど、無理だと思っているうちは、絶対無理だ。だから、出来ると信じて太鼓を叩く!来年からは県道も岡山市が整備するので、力いっぱい動いてみるさ。。。

そして……この秋に行われる……おらが故郷、岡山の、お殿様を決める
大事な大事なこの選挙。もう一方の立候補者は、
ちくわ笛を吹いて登場した。
私が経済委員長の時、観光の仕事を一緒にした事もある、元岡山市の職員だ。

芸達者で面白い男。
郷土愛も強く持っている。
しかし、知事???いくらなんでも!知事とはそんなものか!私は違うと思う。
今の……危機的な岡山県を救える方はどっちの候補者だろうか??

間もなく、このお二人のどちらかを選ぶ選挙が始まるのだ。。。。岡山県内に、知事に値する第三の候補者は本当にいないのだろうか……………

そんな事はないはずだ。。。私は
片山虎之助先生に岡山県知事選挙に出馬してほしい。同じ思いの県民は大勢いるはずだ。

賛否両論あろうが、片山先生なら今の岡山県を建て直す事が出来ると感じる。。
先生は、国とのパイプが今もしっかりとあり、先の参議院選挙で不幸にも落選された事により、痛みのわかる政治家として、弱者にも光のあたる県政を実現していただけるものと確信している。片山先生の高い見識、これまでのすべての経験を生かして、今の岡山県をぜひ救っていただきたい。

今夜は、岡山県の事を本気で憂いている。本気だから、こんな摩擦の生じる事を書いた。頭の良い議員は黙って静観している。損しないように、損しないように、たぶん選挙が始まっても静観するだろう。私は静観なんてしない。出来ない。だって、もしかしたら岡山県内でいちばん大切な選挙なのに…………もっと本気で考えろ!と思っている。知事が変われば県全体が変わる。知事にはそれだけの権限を与えられている。宮崎県を見てみろ。。。。今夜は、間もなく始まる県知事選に対して、切なる願いを、ぶちまけさせていただいた。

追伸 姫??彼女はいったい何がしたいのか???民主党を離党したり1日で復党したり。
民主党もけじめをつけるといった感覚がないのか??昨日、姫に対し議員辞職勧告をしていたのに、???戻るとなれば歓迎するのか!!!わけがわからん。
なんでもありで、なんでもいいところが、さすがだ。。

海老蔵風豚蔵完成

ゲゲゲ、明日から総務委員会が開かれます。

9月議会のはじまり~はじまり~

ルルルルル、嫌な予感がします。

私は先日、43回目の誕生日を迎え、心機一転気合いを入れるため、坊主頭にしています。

おかげで、このあいだの野球大会の始球式では、観客席から
ダルビッシュ~!の声が………

本当です。

朝夕に感じられるようになった秋の気配。
間もなく私の大好きなドラマティックオータムに突入です。
とにかく
この、波乱含みの
セプテンバー議会を
どうやっつけるか!!
です。

バトン(命)繋がる!

うひゃ~!またまた感動!銅メダルを獲得した400メートル男子リレーのシーンを、やっと見ました。昨夜、仲間からメールもらってて、テレビでやるのをずっと探してました。

バトンが繋がっていく様は感動的。仲間を信じて大切なものを次の仲間へ託す。仲間からもらった大切なものをまた次の仲間へ届ける!夕方のニュースで「日本ラッキー、メダルへの期待高まる」みたいな放送を見たけど、実際に走ってる映像を見て、ラッキーなんてとんでもない!と思った。

強い国が大切なもん(バトン)を仲間に渡せなかった時点で、その国は強い国じゃないよ!いくら走るのが速くても、絆がないから弱いのだ~
したがって
日本はラッキーなんかじゃない!日本が強かっただけ。。。VTRを見てそう思った。

オリンピックもそろそろ閉店の時間。そろそろ前の生活に戻ろうや!(笑)たくさんの感動をありがとう!世界中のアスリートから、いっぱいいっぱい元気もらったで!
世界のアスリートに感謝!
気に入らない中国にも感謝しとこうや。。。。。飛躍した言い方になるけど、今を生きる俺達もリレーの真っ最中だよ。その意識を持って生きた方が良い。連綿と続いて来た人類の歴史、先人から受け継ぎ、
きっちりと、未来へ繋いでいく。俺たちにはその役目がある。

バトン(大切なもん)を仲間(未来)へ

とりあえず、バトン渡すまでは、頑張って走ろうや!
連綿と続いて来た人類のリレー、生きてるうちは、バトンを持ってるわけだから、大切な誰かに、大切な何かを伝えないといけないって事だよなぁ。
だって、今を生きてる世界中の人間が、命のリレーの中間走者なのだから。

そんな事まで思わしてくれた北京オリンピック
本当にありがとう!

あれ、またサザンの特番やってるわ!見ないわけにはいかないなぁ。。。
ちなみに、過去三回の選挙で、三回とも、サザンのこの曲が流れる中を選挙カーは出陣しております。。。

♪夢を~乗せて~走る~車道~明日への旅~♪

アハハ 仲間の顔がチラついて涙がでる

「希望の轍」

感動的日本女子選手

毎朝、毎朝、感動して

涙、涙、涙

泣きながら食べるから、朝飯の味が変わって、もう大変(笑)

しかし、オリンピック最高!!感動オリンピック!!
メダルが取れた人も、取れなかった人にも、それぞれ人生を賭けたドラマがある。。。私達の想像をはるかに越えた世界で、積み重ねてきた時間がある。。。
またそれを支えてきた家族や仲間達の世界もある。
それらの凝縮された想いが感情移入され、涙がちょちょぎれる。。。。四年間、頑張って、頑張って、死ぬほど頑張って、
競技以外の事は犠牲にしながら、北京で結果を出すためだけに高いモチベーションを持ち続ける。並たいていの精神力じゃない。

自分の競技が終われば、自分が打ち込んだ四年間のすべてが終わり、心の緊張の糸も切れる。。

その結果、メダルが取れたら、だからこそ………メダルがとれた時に魅せる選手の笑顔は、最高だ。
メダルがとれた時の選手の笑顔には、人を幸せにする力がある。
血の滲むような努力の日々が報われて、獲得した金メダル、世界一に輝く瞬間の笑顔は、神々しささえ感じる。

だから、見たい!その瞬間を、その笑顔を!
そして感動する。
毎朝、毎朝、その繰り返し。目をはらして役所へ出勤する(笑)

これから行われる星野ジャパン、野球は詳しくないからわからんが、おそらく負けるだろう。もちろん勝ってほしいし、力の限りで応援する。
しかし、駄目だと思う。

技術力やチームの力量もあるだろうが、ここまで来たら、そんな事は勝ち負けの要因にはならない。俺はこう考える。

韓国の選手が韓国を想う力の方が、日本の選手が日本を想う気持ちより強かった。その差だ。それは応援している俺たちの気持ちも含め、日本人全体が、韓国の愛国心には負けている。現に韓国プロ野球のリーグ戦は中断されているとか………国を挙げてオリンピックに臨む姿勢がすでに負けている。

世界一に輝いた、女子ソフト日本代表のエース、上野選手は試合直後、こう語った。
「ここまで来たら最後まで気持ちを強く持ち続けた者が勝つ」

女子の活躍が目立った日本!上野選手の言葉のように、最後まで気持ちを強く持って、ぜひ、宿敵アメリカを蹴散らしてほしいものだ。最後に日本国男子の意地をみせろ!!

北京

毎朝、オリンピック関係の放送をやっていますが………
先日、とんでもない映像を目にしました。

日本VS中国、女子のバドミントンの試合の時です。

中国の選手が打ち返す度に客席から
「シャー!」「シャー!」の大合唱。。。

その日のテレビの下には驚きの字幕が出ていました。

殺(シャー) 殺(シャー)
おいおい……
これが真実なら大変な事だよ。自分(中国)の国の選手が、日本の選手に打ち返すたびに、何百人もの観客が殺せ!殺せ!殺せ!と心をひとつに叫んでいるわけだから。。。

もし、あの「シャー」の大合唱が本当に「殺せ」の意味なのなら中国はおかしい。世界のスポーツの祭典、オリンピック会場で……あまりに品がない。

国際社会の中で、中国が一流の国家としてなかなか認められない原因は、そうゆうところにある。この北京オリンピック開催は、全世界に向けて、中国のステージをさらなる高みへ押し上げる最大のチャンスではないのか!
それを、自国の国民がお客様である他国の選手に、殺せ!殺せ!の大合唱をやっていたら………恥ずかしさの極みだろう。
先日、鳥の巣付近でチベットの旗を持っていた日本人を含む八人が中国政府当局に拘束された。当たり前のように聞き流しそうになるが、これだけでもほんとはおかしい。。我が国、日本なら、旗を持って抗議しているだけの人を捕まえたりはしない。

女子サッカーなでしこジャパン、中国を相手によくやった!!気分がいい!!
私達日本人は、日本の選手がシュートするたびに~殺せ~!なんて絶対に言わない。我が国は30年以上も前にすでにオリンピックを済ませておりますので。。。

中国は世界の大国であり、中国の動向に世界中が注目している。ならばより一層の民度の向上、自国民への正確な情報の共有、民族問題の解決に向けて、ゆるやかな民主化を期待したい。

追伸

日本のお家芸、柔道のルールがなんかおかしい。
柔道かレスリングか?
変な技でも一本をとっていた。技をかけないと反則と言うのも違和感を感じた。

しぇーっ!

目の前の出来事や人を肯定的に受け入れ生きる。

先日、亡くなられた漫画界の巨匠、赤塚不二夫先生が生涯を通じて語った言葉である。
赤塚先生に才能を見いだされ、芸能界にデビューした森田一義(タモリ)氏が、この言葉を公開した。

赤塚先生が万人に贈る人生必勝の言葉

森田氏はこの教えを胸に芸能界を上り詰めた。そして、最後に

赤塚先生、私もあなたの作品のひとつです。と、弔辞を締めくくった。

タモリもさすがだ。

自分の不遇に不平不満を言わず、人を嫌わず、さまざまな事を、笑顔で受け入れ肯定的に生きる。こんな生き方をずっとしていれば、文句ばかり言って否定的な人生を送っている人よりも、確かに格段に幸せだろう。小さな事だけども長年続けると、大きな差が出てるはずだ。
物事を肯定的に捉え、乗り切る事を繰り返しているうちに、大きな運を呼び込む事につながってくるのだ。

確かにそうだ。その通り。人を嫌う感情や、物事を否定する感情を持っていると、気分は良くない。当たり前だ!それが長引けば、ダメージを受け、そのぶん損をする。

一方、あいつ良い奴だな!とか、人を肯定する感情や、物事を受け入れる感情は、温かく、楽しいものだ。気分がいい!!
それが続けば、幸せだろう。。

赤塚不二夫先生渾身の代表作

天才バカボンのこの言葉に、先生の想いが凝縮されている。


                  「これでいいのだ!」

今、何時?そうねだいたいね~

明日は、議会!あ、もう今日だ。もう寝なきゃな。

議員として若者の心理、流行も知っておくべし!と、心がけている私は、夜9時前に体が空いたので、花男(はなだん)Finalなる映画を観に行った(笑) まさに
ありえないつーの!

帰宅して北京はどうなってるか!とテレビをつけたら………ミュージックラバーがサザンの特集をやっている!
視ないわけにはいかない、いかない。。。

サザンがデビューした時、中学生だった私達の世代は、サザンの曲と共に思春期を過ごし、青春を駆け抜けた。

サザンに憧れの気持ちがあったのだと思う。

青山学院大学を受験し、帰りに青学のすぐ前にあったブティックで当時流行っていたマリンルックのTシャツを買った。。。のを今でもはっきりと覚えている。
私は自他共に認めるユーミンの大ファンであるけれど、実はやはりサザンは世代で、さんざん聴いて育っている。

私のサザンの名曲は……
シャララ♪だな。
あの脱力感、サザン独特のコード進行、まさに桑田サウンドと言える。

♪あなた~の事が~あたまにチラついてシャララ~♪ 寝ます

ママでも金

本日、私は谷選手に感動し涙した。女性ではあるが、あまりに、潔い、高潔な精神に尊敬の念を覚えた。
戦っている時の表情は、女性ながら武士(もののふ)の風格さえ漂う。
田村で金、谷で金、ママでも金、を目指した北京だった。
結婚し、家庭を持ち、出産し、子育てしながらの挑戦だった。

朝日高校柔道部主将を務めた私がみても、誰がみても、準決勝の審判は片手落ちだった。残り30秒で谷選手にだけ、反則をとっるなんて……ありえない。
しかし、金メダルを疑惑の判定で逃し、銅メダルとなっても、審判の先生を信頼している、試合で競い合えた事に感謝している、とコメントした。

言い訳せず、一言の文句も言わず、感謝の気持ちのみを伝えた谷選手の姿に、侍道をみた。

夫である巨人の谷選手は、妻にこう言った。

子供が生まれてからは、子育て中心の生活に追われながら、決して弱音を吐かずに練習に打ち込む姿にパワーをもらっていたのは、近くで見ていた僕だけではないはず。。。
メダルの色は違ったけれど、僕には金色に輝いて見える。。。

う~ん、感動!その通り!
私も、貴女が金色に輝いて見えます。

お疲れ様でした。よく頑張られました。胸を張って帰って来て下さい。

報告で~す!

売れました!ものすごい勢いで売り切れました!林市長をはじめとする新竹市政府の皆様、新竹市議会の皆様、太平洋そごうの方々、ありがとうございました。感謝、感謝です。

ピオーネ、マスカット、白桃などなど、いずれも台湾初上陸の品々!!なかには、一箱3千円、4千円するものを10箱単位で買っていかれる市民もおられました。岡山物産品フェアは、まだ明日まで続いておりますので、最終的な売り上げのまとめは、また後日報告させていただきます。

大げさに言えば、歴史的快挙!
だって、岡山でしか作る事の出来ない、ピオーネやマスカット、白桃が、初めて海を渡り、台湾で売り出されたわけですから。しかも大成功を収めました。販路も確立出来て、毎年固定した行事になりそうです!!岡山市内の農家の皆様、喜んで下さい。微力ではございますが、小さな売り上げかもしれませんが、今までになかったマーケット(市場)を切り開く事が出来たわけですから。これからは、どう化けるかわかりませんよ~元気出してどんどん行きましょう!!!
しかし、この時期の台湾は、暑くて熱かった。。。

今回は政治的な信頼関係で開かれた扉です。しかし、これからは、民間ベースでの経済交流に発展していくべきでしょう。それが本来の狙いでございます。よって来年の岡山フェアーは私はパスさせていただきます(笑)

盛夏

昨日は花火大会!
本日はうらじゃ祭り!
明日は新竹!

昨夜は地元の夏祭りを優先しました。当然の事です。
本日のうらじゃ祭りですが、残念ながら今年は、チーム浦は出場しません。

寂しいけど、仕方ありません。。。40歳にもなれば、みんな色々あって、いそがしいし、正直体力的にもキツい!と思います。
今日のような炎天下のもとで、踊るわけですから~
想像しただけで、おじさん達の熱中症が心配です(笑)またチーム浦の場合、
何度も賞をいただいているので、参加する事に意義がある的な参加はしません。やるならキッチリやる!半端はしない!コンテストで最優秀賞目指して練習していきます。だから大変な労力がいるのです。振り返れば、今までよくやったと思います。チームのみんなは私の誇り。
それはうらじゃに出ようが出まいが関係ありません。
しかし、チーム浦も若返りをはからないと、うらじゃ祭りに参加出来ない時期が来ています。私の連れのおじさん達は、チーム浦OBでいいじゃないですか!!うらじゃ祭りに興味がある方、うらじゃ祭りに出てみたい方、ぜひとも連絡下さいませ。。。

チーム浦のうらは、私浦上のうらでございます。
私が総監督を努める踊り連でございます。
私の地元富山の後輩を中心に構成されています。

もし、機会があるなら、来年の今日、一緒に熱い夏を共有しましょう!

明日は、朝から新竹を目指します。とにかく、
太平洋そごうで、売って売って売りまくってきます。
マスカット、ピオーネ、白桃、足守メロン、朝日米、
台湾で岡山特産品フェアをやるのだから、大成功をおさめて、毎年の行事に固定されるように、特製Tシャツを着て売り子に撤します。デパートでの岡山特産品フェアの期間は1週間ですが、そんなにはいられないので、木曜日に帰ってきます。農協がまいった、言うほど売って、売って、売りまくって日本の岡山をPRしてきます。やったるで!!!

プロフィール

浦上雅彦

Author:浦上雅彦

最近の記事
最近のコメント
twitter
月別アーカイブ

最近のトラックバック
FC2カウンター

カテゴリー
フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
right before the "BODY" end tag (
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
)